【ミキサーでコールドプレス風ジュースを作る】

language:
スポンサーリンク

このところ、なぜかお食事の満足感が低めです。
脂っこいものや消化が悪いものは食べていないし、お酒も1日1杯くらいしか飲んでいないから胃腸が弱っているはずはないんだけど。
相棒に言ったところ、
「ストレスがかかってるんだよ。」
とのこと。
だとしたら、ビタミン類を積極的に摂取したらよくなるかしらと。あ

そこでコールドプレスジュース風のジュースを試してみました。
コールドプレスジュースとは専用の低速ジューサーで圧力をかけて絞ったジュースのこと。
食物繊維なども少ないので、胃腸への負担が少なく、ビタミン類を摂取できるらしい。
(本当のところは不明ですが。)

この考え方にのっとって、
「ミキサーで食物繊維の少ないジュースを作ったらどうだろう。」
と考えてみました。

作り方はいたって簡単。
まずは好きな材料をミキサーに入れます。

この日は人参、白菜、大根、デコポン、りんごを入れました。
そしてミキサーを回します。

母からのお下がりの昭和レトロなミキサーですが、まだまだ現役です。
この液体をサラシで濾して(絞って)出来上がり。
この濾す作業が面倒ですが、さらっとしたジュースにするには必須です。

使うお野菜や果物によって、色や味のバリエーションは無限大。
畑で取れたこちらの人参。

これを使うと鮮やかな色のジュースが出来上がります。

デコポン、パプリカ、パイナップルなど黄色い食材を使うとこんな感じ。

そしてお次は、
デコポンベースのジュースの上から、スティックセニョールのジュースを注いだ時の様子。

スティックセニョールの比重が高かったらしく、2層になりました。
鮮やかな色味が綺麗で、ワクワクしちゃう!

材料のチョイスを間違えると、まずいジュースができそうですが、
私は「青臭い食材には柑橘系を合わせる」ことだけ守っていれば、今の所美味しいジュースができています。
あくまで” 今の所 ”だけどね。

そして肝心の効果について。
2週間ほど朝ごはんをこのジュースにしたところ、普段のお食事の満足感がアップしました!
味覚が戻り、しみじみ美味しいなと感じられる状態に戻ってきたようです。

朝走って、このジュースをガーッと飲む。
しばらくはこの作戦を実行すべし!

スポンサーリンク