【アントシアニンの実験】

DSC07039.jpg
今日はマニアックなネタ。
クッキー生地の
pHによる色変化についての考察。
1枚目は焼成前の様子。
右側がレモン汁を加えたもの、
左側が水を加えたもの。
そして焼成後がこちら。
DSC07049.jpg
レモン汁を加えた方が酸性に傾いて、
マゼンタが強く出ています。
ただ、焼成後の方が
その差が小さいのはなぜだろう。
高温の方が反応が進みやすいはずなのに。
そう思って化学に詳しい方にきいたところ、
「混ぜた段階で反応は終わってて、
 焼成すると砂糖のカラメル化とか他の要素が加わって、
 差が分かりづらくなるのでは。」
との事。
後日、
生地を1時間寝かせてから焼いたら、
もっとマゼンタが強く出ました。
なるほどね。
こんな感じで、
日々の製作にプラスして、
少しずつ実験をしています。
今回の様に予想通りの結果がでる事はまれ。
でも、違う要因で出た結果かもしれないわけで、
次は違う酸性素材を使ってみたり、
アルカリ素材を使って青を出す実験をしようと思っています。
オーブンから出して
結果を見る時のワクワク感がたまらないや。

スポンサーリンク
スポンサーリンク