【おからレーズンパウンド】

PICT4074.jpg
私の中のおから熱、
冷めあらず。
この日はしっとりなラムレーズン入りパウンドを試作。
おからを使うと膨らみが悪くなるから、
準強力粉を少し混ぜるのが私のやり方。
粉を変えた事で、
その割合も再検討です。
ここからはちょっと余談。
パウンドを脱酸素剤と共にパッケージに入れておくと、
2日後には
少し粗めの生地の方がふんわりシットリのバランスがとれると思います。
「いい感じ」
の基準は人それぞれですが、
しっとりしすぎず、みっちりしすぎず、
食べやすい感じ。
感覚を説明するって難しい!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク