【やりたいこと】

最近、復活したアーモンドブレッド。
これまではベーキングパウダー(アルミニウムフリー)を使ったレシピでしたが、
ドライイーストを使ったレシピに変更しました。

以前よりもっちり感が増して、小さなお子さんやご年配の方にも食べやすくなったかなと。

私視点ではベーキングパウダーよりもイーストの方が雑味が少なくて、素材の味が引き立つと思っています。
ベーグル屋勤務時代の知恵が役立ってよかったー。


ここからはお店でのお話。
最近お店に来てくれる女子高生がいます。
「やりたい事ないんですよね。」
と。
何て返したらいいのか悩みました。

自分がやりたい事ってどうやって見つけるんだろ?
私はどうやって見つけたんだろ?
それともまだ見つかってないのか?

30代序盤までは
「やりたい事を見つけた方がいい」
と思ってました。
その頃ちょうど二十歳そこそこの子達と仕事で接する機会も多く、相談されると
「私はこれがやりたいと言えるものを見つけた方がいい」
と言っていました。
38歳の今は
「そんなん急にわかるはずないよ。目の前の事に精一杯取り組んだ結果、やりたい事が徐々に明確になるんだろね」
と言いたい。

「鬼子母神手創り市に出たい(出なきゃ、みたいな妙な使命感)」
からTSUCURITEは始まりましたが
「関わったカフェに来てくれるお客さんに喜んで欲しい」
「いろんなマルシェに出展したい」
「日本以外でも活動したい」
「お店に来てくれる人にもっと楽しんでもらえるようになりたい」
などなど、その時々で私が向かっているものは違います。
その軸に
「お菓子」
があるのは間違いないけれど、
「なんでお菓子屋をやろうと思ったんですか?」
と聞かれても、明快な答えは出てきません。

学生時代から何か物作りを生業にしたいと思ってはいた、
私は衣食住しか興味がないなと気づいてはいた、
自分の手で作った物を通してみんなでワクワクを共有したいなと思ってはいた、
これくらい。

じゃあなぜお菓子屋を開業したのか、自分でもよくわかりません。
あんなに大変な保健所に製造許可をもらうための準備をするモチベーションがどこからきたのかも、今となっては全然わからない。
「やるしかない」
みたいな変な使命感、自分を突き動かす何かがあったのは確かですが。

というわけで明確なアドバイスは出来ないのですが、
ただ一つ、目の前の事に真摯に精一杯取り組むことが答えに近付く方法だということは間違いない!
もちろん好きな事を見つけることは人生においてマストではないし、
それを仕事にする必要性もないのですが、
もし見つけたいなら目の前の事に集中すべし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク