【鬼子母神手創り市】

DSC05615.jpg
GWの出店3回目、
鬼子母神手作り市。
1枚目の写真は
日焼け止めで太刀打ち出来ずに焼けた私の足。
この日の食品出店者は
私が初めて出店した頃からの
お馴染みの方々。
初めての方とお会いするのも楽しいけど、
古巣は妙に落ち着きます。
午前中は少しユルユルっとした感じでしたが、
午後は何回か謎のです大波がやってきて、
クッキーを5コ残して終了。
連休にもかかわらず常連さん達も来て下さり、
感謝感謝。
常連さんにはまだ食べた事がない新作をオマケしたりするのですが、
この日はその中の1組の親子が
下町のお祭りの手ぬぐいを下さりました。
DSC05616.jpg
いつもお世話になってるのは私の方なのに恐縮・・・
でもすごく嬉しい!
「エプロンにします」
と言ったけど、
帽子にしようかなぁ。
ちなみに写真のタグは
私が初めて出店した時にお隣さんだった
coffeeroaster Frestaplus+さんのもの。
1年間、何度も何度もお会いして、
いつもコーヒーをごちそうになって、
無礼で妙な格好をしている私を
温かく見守ってくれた兄さんのお店です。
この日は久しぶりの大好きな出店者さんにも会えたし、
改めて手作り市の楽しさと
出店者さん達への感謝の気持ちがこみ上げた1日でした。
ここからは手作り市アルアル。
雑貨を扱う人は
「食品ってみんな仲いいですよねぇ」
と口々に言います。
私からしたら雑貨類を扱う方々も仲良く見えるけど、
食品はそれを上回る和気あいあいさ、らしい。
食品出店は1ヶ所に集められるせいもあるけど、
製造施設の許可がないと参加できないのが理由なのかも。
設備を揃えて許可をとるにはある程度の費用がかかり、
そこまでしてもやりたい気持ちと、
それで生計をたてる覚悟とを持っている人達だから、
お互いを認め合えるのかな。
私みたいに
「やりたい事やって、食いっぱぐれても後悔なし。」
と思っているかはわからないけどね。
だから年齢も立場も全然関係なく、
仲良くできるのかもしれない。
私の場合は
同じお菓子屋さんでも、
ライバル意識や利害関係なんて微塵もなくて、むしろ
「仲良くなりたいなぁ」
と思っています。
私にはない考え方に触れれば、世界が広がっていくからね。
特に手作り市に食品出店している人は面白い人が多くて、
気付くと私はいつもゲラゲラ笑っています。
ある出店者さんは
「手作り市の出店者はアウトローな人ばっかりだよ」
と明るい顔で言っていました。
確かに世間から見たら、
私自身もアウトローど真ん中なんだろう。
でもどんな真っ当な生き方でも賛否はあって、
それなら本人が楽しいのが一番だと思います。
楽しんでいる人の周りには同じ様な人が集まって、
相乗効果でもっともっと楽しくなっていって、
いつもよりさらに最高な最高を探して、
まだまだいける気がする。
アウトロー万歳!

スポンサーリンク
スポンサーリンク