【生姜と黒糖のおからケーキ】

PICT4106.jpg
この日はおからを使った
地味なケーキの試作。
テーマは
「おから嫌いも食べられる」
です。
そう思ったきっかけは
カフェのランチメニューの打ち合わせにて
「お豆を残す人が多い」
と知ったから。
男女ともに
お豆人気は低空飛行らしい。
そこでお豆があまりすきじゃない理由を友人にリサーチしたら、
「お豆くささとモサモサ感がイヤ」
が圧倒的に多い意見。
油と粉の割合を増やせば簡単にクリアできるけど、
それじゃ私のポリシーに反する。
というわけで、
「モサモサ」
は粉選びと水あめやアーモンドパウダーの割合、
「お豆くささ」
は油選びと生姜の使用
で乗り越えました。
「日によって味覚って変わるから」
なんて妙なこだわりを持って、
試作すると決めた日は
ひたすら試作。
しかもレシピを少しずつかえて作るから、
でき上がったお菓子はどれも同じ様なもの。
今回も
あーでもないこーでもないと
やっていたら、
胃がパンパンで痛くなるの巻。
おからって満腹感がハンパないなと
実感した1日でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク