【待ち時間と夏の帽子】

PICT5187.jpg
父の手術の数日前、
手術時間は12時間くらいと聞いていたので母と
「きっと落ち着かなくて考える作業は出来ないだろうから、
 何か単純な手作業を持って行くといいかもね。」
と話していました。
そして私は帽子を持って行き、
作っていました。
クラウンはずいぶん前に編み終えていたのですが、
つばを作る気力がなく放置していたもの。
母と話しながら、
革で作ったつばを手縫いする作業は
落ち着かない待ち時間にぴったりでした。
コバを処理する作業が残っていますが、
追々やろうっと。
母は
小枝と布巾を持参。
小枝で楊枝を削り出し、
布巾に手縫いで刺繍をしていました。
私はこの他にも、
・バックベルトが壊れてしまった靴の修理
・お菓子ラベルの切り出し作業
をしていました。
パソコンも持って行っていたのですが、
やはりソワソワしてしまい、仕事は断念。
途中、母が作ってくれたお弁当を食べ、
1Fにある喫茶店へコーヒーを飲みにいったりしたのに、
とても時間が過ぎるのが遅く感じました。
数年後、
「この帽子作ってた頃は辛かったよねぇ。」
なんて両親と話せるといいな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク