【酪農】

PICT5122.jpg
7月頭、牧場にてパシャリ。
お菓子作りで忙しいといいながら、
なぜ牧場かって、
某大手乳製品メーカーの牧場にて
乳製品のお勉強のため。
今回は酪農に関しての座学と人生初の乳搾り。
なんとなく食べていた乳製品ですが、
日本の酪農がいかに苦しい状況にあるのか、
牛達がいかに管理されているのか、
牛の温かさ、
数時間で考えさせられる事がたくさんあり、
ずしんときました。
こちらの牧場の方は
「いかに牛達にストレスをかけないかが重要。
 放牧がいいと思われがちだが、
 そうすると飼料の管理ができないから一概にそうではない」
といった事を仰っていました。
私からすると、
飼料の管理が出来ず体調を崩しても、
その牛が本能のまま過ごした方が
牛にとってのストレスは一番少ないんじゃないかなと。
自分の首に鎖がくくりつけられていたら、
絶対ストレスだもんな。
そもそも動物を囲い込んでいる時点で、
牛の尊厳は尊重されてないんだろうけど。
でも会社として採算を考えなくては継続できないし、
継続して運営できなければ牛達の居場所はなくなるわけで、
会社の経営と牛の幸せを両立する事の難しさを感じました。
漠然と、
「牧場で働く人=動物好き」
だと思っていましたが、
動物愛の強い人にはできない仕事かも。
座学の中で衝撃的だった事、
メスは毎日2回搾乳され続け、
3回くらい人工授精をして出産したら、
さようならをするという事。
その後は加工肉としての道を行くそうです。
ちなみに雄は1頭もおらず、
あえて和牛と掛け合わせられて、
食用として出荷される運命の子牛もいました。
私のゆるベジ生活は
「動物愛護」的な考え方から始まったわけではないけど、
間近にそんな牛達を見ると、
いろいろと考えさせられました。
人間の都合で意志のあるモノをコントロールしている事、
そんな事を深く考えずに
「おいしい」
と食べている事。
きちんとそれを踏まえた上で食を選択しなくちゃいけないなと。
一方で私は
お肉やお魚が大好きという人を
否定したり
「みんな、菜食にしようぜ!」
なんて言うつもりはありません。
私も口にする事があるし、
それは個人の判断だと思うから。
植物にも意志や感情があるかもしれないし、
「命をありがたくいただく」
という考え方にも共感できます。
何が言いたいのかわからない文章ですが、
そんな色んな思いが入り交じった1日でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク