【ニューヨーク旅 その10 大リーグとShake Shack】

dsc06099

ニューヨーク3日目、ブルックリンから向かったのはヤンキーススタジアム。
一緒に行った友人が大の野球ファンだったのがきっかけで、
「自分一人じゃ絶対に行かない場所だから、行ってみたい!」
と私も一緒について行きました。

ゲートを入るとこんな感じ。

dsc06100

そして席に着くとこんな感じ。

dsc06103

おー、野球選手が思いのほか近くに見える!
ルールすらままならない私は友人にちょこちょこ教わりつつ観戦。
そして野球はもちろん、観客の様子を見ているとかなり楽しめました。
私が感じた大リーグ観戦の楽しみ方を少しご紹介。

大リーグ観戦の楽しみ方

・盛り上がっていない時は飲食に徹する。
私たちは地元ヤンキース側の席だったのですが、この日はイマイチ盛り上がりに欠ける展開。
そういう時、観客はどうやって楽しんでいるのかというと、ひたすら食べたりのんだりしています。
アイス、フライドチキン、ポテト、コーラ、チュロスのどれかを美味しそうに頬張る観客たち。
小さな子供は試合の盛り上がりポイントが来ても食べることに集中していたりして、
「この子は食べるのを楽しみに来たんだな」
なんて思うって見ていると、これまた楽しいのです。

ちなみに私が飲んでいたのはお水。

dsc06109
アメリカンサイズの750mlのボトルは手で持つには重いのである。

・合間のミニコーナーにも全力投球する。

攻守交代の時や、バッター交代の時、球場内の大きなスクリーンで見にエンターテイメントショーが繰り広げられます。
友人曰く、日本の野球でもあるそうですが、私にとっては初めての経験。
急にYMCAの音楽がかかったかと思ったら、観客はみんな当たり前のかのように立ち上がり、
「ワーイ、エム、シーエー!」
と踊り出しました。
さっきまでパッとしない試合内容でダラッとしていた人たちがノリノリで歌って踊ってる!!!
ある時はアニメの電車のレースが始まり、観客はチラ見程度の食いつき具合。
しかしゴール手前でどんでん返しの展開があったら
「Wow〜!」
「OMG〜!」
と叫んで、手を叩いちゃうのである。
全力でその場を楽しむ気満々なのが、見ていて気持ちが良い!

こうして初めての野球観戦をかなり楽しんだ後、晩御飯に向かったのがこちら。

dsc06118

公園内にあるShake Shack
日本にも上陸しているハンバーガー屋さんです。
薄暗がりの中、電球で照らされていて、いい雰囲気。
この日は日曜日だったせいもあり、老若男女問わず多くの人で賑わっていました。

もちろん私たちもバーガーで休憩。

dsc06121

お肉の味もしっかりして美味しいハンバーガーだ!
いわゆる「ハンバーガー」はジャンキーで、油っぽくて、食べた後にもたれそうな食べ物のイメージですが、
これは素朴で、シンプルで、最後まで美味しく食べられるハンバーガー。

33歳女性二人、風に吹かれながら、ムーディーな公園でハンバーガーを食べながらら、ゆっくり話をするの巻。
なんて贅沢な夜なんでしょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク