【ピスタチオの使い方】

language:
スポンサーリンク

DSC03262.jpg
クリスマスギフトにも使っているピスタチオ。
私が使っているのはトルコ産のものです。
まずはローストしてからお菓子作りに使うわけですが、
ローストしたてを食べてみたら、
薄皮が香ばしくて美味しい。
ピスタチオの緑色は隠れてしまうけど、
今回は味重視で薄皮付きのまま使っています。
ここからは余談。
夜な夜なローストしながら、考えていた事について。
11月上旬ころ、
「今年は卸しも1軒だし、クリスマスはほどよい忙しさだろう。」
と思っていました。
しかし11月下旬にはすっかり戦闘モード。
両腕のひじから手首にかけて痛い日々。
ただ昨年と明らかに違うのは、
私の気持ち。
昨年までは常に
「数を作らねばー!」
と『数量』に捕われすぎて、
何かを考える余裕がありませんでした。
当時はそんな事に疑問すらなかったけど、
今年
「こうした方が美味しそうに見えるかな。」
「フィリングはこう配置した方が、食べる楽しみがあるかな。」
等と考えながら作業できている自分に気づきました。
集中して、お菓子の事だけを考えて作業できているのが
とても心地よいと感じています。
昨年は
シュトーレンを作ろうだなんて思えなかったしな。
これが、
昨年より製造量が少し減ったのに、
師走が師走のままの理由。
自分の手で限界まで数を多く作って、
卸しもジャンジャンやって、
より多くの人に食べてもらう事にもやりがいはあります。
でも今の方が、
私自身がお菓子の事をもっと考えて楽しめているのは事実。
いい塩梅を探っていこうと思った、
夜でしたとさ。

スポンサーリンク