【真っ白クッキー試作】

DSC07109.jpg
真っ白なクッキーを目指して、
第2弾の実験。
いろいろと調べているうちに
焼き色がつきにくそうな素材が浮上してきました。
一つ目がトレハロース。
天然の甘味材料。
そして2つ目がタピオカ粉。
ポンデケージョを作る時に使われる材料。
米粉ベースの生地を使って、
いざ実験。
1枚目の写真は焼成前。
左上 きび砂糖
左下トレハロース
右上 きび砂糖+タピオカ粉
右下 トレハロース+タピオカ粉
そして焼成後がこちら。
DSC07112.jpg
夜に撮影した写真なのでわかりにくいけど、
確かにタピオカ粉+トレハロースが一番白い。
ちなみに焼成温度は
お砂糖のカラメル化が170℃以上で起きるそうなので、
160℃にしました。
タピオカ粉とトレハロースが
白い焼菓子を作るのに使えそうなのはわかったけど、
真っ白にはまだまだ遠い。
これから試すべきは
・焼成温度を下げる
・油脂を減らす
の2つだな。
と、ここまで書いておいて、
「こんなマニアックなブログ記事を読んでくれる人がいるんだろうか」
と思うの巻。
でも、
たいがいの色は混ぜ物をすれば作れそうな気がするけど、
白って作れない気がしていて、
「出来そうにない事」
にチャレンジしたい性分なんだから仕方あるまい。
誰も読んでくれなくても、
私の健忘録として役立つさ。
実験は2014年も続けて、
いつか完成させてみせるのだ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク