【考えた】

DSC05736.jpg
5月も今日で終わり。
tsucuriteとして初めて迎える5月は
今までで一番ハードで充実した日々でした。
GWがあったし、
温かくなってきてイベントもたくさんあったしね。
各地の手づくり市では
朝会場へ行くと、知り合いの出店者さん達の顔には
疲労の色が。
しかし、会場で出展者同士話していると、
みんないつもの元気な顔に戻ります。
作り笑顔なんかじゃなくて、
楽しんでる顔。
私自身もそうだったように思います。
大好きな試作をする時間もとれないくらい、
ひたすらにお菓子を焼いていた1ヶ月。
気付いたら良からぬところで寝ていた、なんて事もしばしば。
そんな中で
とても考えさせられる事がありました。
「物作りをする上で、私はどうあるべきなんだろう」
と。
久しぶりに、ものすごーく考えさせられました。
あまりに考えすぎて、
3日で3kgやせたほど。
「楽しくやる」
に違いはないんだけど、
それだけじゃないのは確か。
例えば
ワイワイと手づくり市に参加してたら満足かというと、
そうではない。
売り上げをグンとのばしたら満足かと言うと、
そんなのは関係ない。
ひたすらお菓子を焼いていたら満足かと言うと、
それじゃ全然物足りない。
お客さんに
「美味しかった」
と言ってもらえたら満足かと言うと、
それだけでもない気がする。
こうして考え続けて出た答えは
「bestを尽くす」
という事。
以前から
「間に合うか間に合わないか、じゃなくて
 bestを尽くそう」
と思い続けていたのだけどね。
今の自分が出来るbestな物を作っていないと、
私が物作りをして得られる楽しさは半減してしまう。
たとえば、
「イマイチだなぁ」
と思いつつ出したお菓子を
「美味しかったです」
とお客さんに言ってもらえたとしても
全然楽しくないし、申し訳ない気持ちでいっぱいになると思う。
逆に
今の自分が出来るbestなものを出して、
「美味しくなかったので、もう買いません」
とお客さんに言われたとしても、納得できるだろうなと。
私にとって物作りは
お金を稼いだり、仲間と楽しくやるためのツールじゃなくて、
楽しみそのものなんだと思う。
なかなか思う様にいかず疲労困憊する事も多いけど、
それも含めて、
物作りの楽しみなんだろう。
こんな感じで頑固オヤジみたいな私が
着々と仕上がってきています。
かわいくないなぁ、なんて思うけど、
自分が楽しむために始めたtsucuriteは
こうありたいなと思うのです。
写真は私にヒントをくれたクッキー。
クッキーの余り生地を他のお菓子と一緒に適当に焼いたら、
すっかり焦げ焦げ。
でも、私にとっては大きなヒントをくれたクッキー。
もっと自由な発想で物作りを楽しんでいきたいな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク