クリスマスプレゼント

※PICT1772
お休みがあわない夫婦のため、今年の我が家のクリスマスは29日に設定して、おでかけという事になっていました。
おでかけについては後日書きたいと思うのですが、
29日の朝、先に起きていた私へ
「○○(私の名前その1)ちょっときてー。」
とベッドから呼ぶ声。
「今お化粧してるの。」
と何回かスルーしたものの、
「△△(私の名前その2)きてー。」
と言う相棒。
行ってみると、枕元にプレゼントが!
コーヒー関連の書籍です。
元々コーヒーが大好きな私ですが、昨年の転職をきっかけにその思いがますます強くなっています。
それを一番身近で感じている彼が選んでくれたプレゼント。
「朝早く起きておいておこうと思ったんだけど起きれなかった。」
と。
サンタさんを目指してくれたらしい。
今年の年末は相棒が特に忙しく、毎日午前様&休日出社が続いていました。
それなのに用意してくれたプレゼント。
やはり重要なのは気持ちだと思いました。
一方、私も粛々とプレゼントの準備をしていました。
彼には内緒で。
それについても後日書きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク