【鬼子母神手創り市 その1】

PICT4007.jpg
9月16日の鬼子母神手作り市のご報告です。
今回はいつも以上にいろんな事があり、
書きたい事が盛りだくさん。
前回の教訓をいかし、
暑い日が続いている今回、
準備した量はやや少なめ。
15キロの荷物が軽いと感じる自分、
たくましいな。
ラインナップは
旬の素材を中心に毎度変えていますが、
新たな試みとして3つ
・大豆と黒豆チーズケーキ
 ボトムに大豆を練り込み、
 フィリングにはたっぷりの丹波黒豆煮。
 有機醤油と本味醂が隠し味。
・枝豆チーズケーキ
 新潟の友達が送ってくれた茶豆を湯がき、
 薄皮を取って練り込みました。
 いいお豆だからか、
 青臭さもなくうまし!
 クリチはデンマーク産の酸味が強いものを使用。
・もろこしケーキ
 群馬から送られてきた
 あまーいトウモロコシとお豆腐で作ったケーキ。
 自然な甘さを活かすために、
 お砂糖と水あめは生地の繋ぎとして、
 小さじ1だけ使用。
発砲スチロールに保冷剤と共に入れて持って行ったところ、
一番に売り切れ。
その中でも一番人気なのはトウモロコシ。
ふむふむ、
1年後まで忘れないように書き留めないと。
そして
レシピ作りのヒントも一つ戴きました。
「友達のお子さんに小麦、卵、乳製品アレルギーの子がいるんです」
というお客さんの言葉。
そこまでアレルギーがあると、
大概のお菓子は食べれないよなぁ。
「友達が美味しそうに食べてるお菓子を食べられない」
って、
小さな子供には大きな事のはず。
今回そういうお菓子を一種ご用意したのですが、
早々に売り切れてしまいました。
私は
「アレルギー対策のお菓子」
をコンセプトにしているわけじゃないけど、
選択肢を増やしたいって気持ちは人一倍。
米粉についてもう少し勉強して、
そんなお菓子ラインナップを増やしていこうと思います。
来て下さったお客さんは
初めての方、
リピーターの方、
近所のおばあちゃん、
出店者の方、
様々ですが、
3つ、特に嬉しい出会いがありました。
1つ目、
通販で注文して下さった方が
「おいしかったです」
と来て下さった事。
これが本当に嬉しくて嬉しくて。
つくりて冥利に尽きます。
翌日には
「暑くて突然の雨の中、細い体で大丈夫でしたか?」
なんてメールも戴きました。
2つ目、
「私もESSEのプラチナレポーターで、
 いつも楽しくブログを読ませて頂いてます」
と来て下さった方。
私の拙いブログを読んで、
わざわざ来て下さったとは。
私も彼女のブログを読ませて頂いた事があり、
お会いしたらとてもお綺麗で、
なんだか芸能人にあった様な感覚。
声をかけて下さったESSEの編集者の方にも感謝感謝。
3つ目はちょいと長くなるので、
また別の日に。
うわぁ、
文章を書いてたら
また楽しくなってきたぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク