【栗クッキー】

PICT4033.jpg
先日作った栗の渋皮煮を使って、
早速クッキーを作りました。
潰した栗を練り込んで、
自作の栗型で型抜き。
残念ながら芥子の実を切らしていたので、
ちょっと物足りない見た目。
そして
たっぷりの栗を練り込んだつもりが、
栗味が薄い!
栗って焼き込むと風味が沈んでしまうのかしら。
だからモンブランとかマロンタルトとか、
そういう使い方をするのかも。
でも栗はたっぷりあるし、
めげずに試作をくり返そうっと。
ちょっと話はそれて、
クッキーの見た目について。
個人的には、
包丁で切りっぱなしのものが一番好き。
なぜかって、
その素朴で飾らない感じが、
味で勝負しようという心意気を感じるから。
ただ、先日あるアーティストが話していた事を聞いて、
ちょっと考え方が変わりました。
「ダンスはかっこいいとか、かわいいだけじゃダメ。
 お客さんに音楽が伝わりやすくするための
 サポート的な役割だと思うから、
 歌詞から振り付けを考える事が多い。」
と。
自分の中にストンと落ちた言葉でした。
これを自分に置き換えて考えてみると、
栗のクッキーは栗の形をしているとか、
お豆のクッキーはお豆の形をしているとか、
そういうのって重要だなと。
今までは周りの人が
「かわいいー」
と言ってくれる事が嬉しくてクッキー型を作っていたけど、
これからはもっと主体的に考えられそうです。
よし、やる気が出てきたぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク