【メロマカロナ】

DSC06625.jpg
まだ9月半ばですが、
クリスマスのお菓子を試作中です。
写真の焼菓子はメロマカロナ。
ギリシャのクリスマスには欠かせないクッキーだそう。
生地にセモリナ粉やオレンジジュースを練り込んでいます。
本来は焼き上がった後に
蜂蜜たっぷりのシロップに浸して、くるみを振りかけます。
でも甘すぎるのは私が好きじゃないので、
クッキー生地の中に
蜂蜜を絡めたくるみを入れました。
形はナマコ型、まん丸など色々あるようなので、
私もどんな形にしようかと模索中。
クッキー生地の上にフィリングを乗せてみたり、
ラグビーボール状にしてみたり、
上にピスタチオを乗せてみたり。
セモリナ粉を使っているので、少しハードな食感ですが、
結構気に入るレシピが出来ました。
ちなみに、
ギリシャと近いトルコにも
シロップに浸すお菓子はたくさんありました。
バクラヴァ、キュネフェなどなど。
この手のお菓子も美味しいのはわかります。
でも、私には甘すぎて、頭がきーんとするほど甘くて、
くまのプーさんになった様な気持ちになりました。
というわけで、
私のフィルターを通したメロマカロナのできあがり。
シュトーレン、パネトーネ、クグロフなどの
西ヨーロッパのクリスマス菓子もいいけど、
私が気になるのは、
ちょっとマニアックな東欧や中欧のクリスマス菓子です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク