【おもてなし】

PICT3477.jpg
working holidayでオーストラリアへ行っている友達が、
一時帰国し、
「uitatanのお料理が食べたい」
と言ってくれたので、
もう1人の友達も合わせて我が家でランチをしました。
写真がブレブレなのですが、
メニューはこんな感じ。
・自家製パスタのラザニア
 トマトソースには大豆ミートを入れ、
 ホワイトソースはお豆腐入り。
 セモリナ粉で作った自家製パスタはちょっと厚めですが、
 もっちり美味です。
・人参とヒヨコ豆のサラダ
 千切りの人参、炊いたヒヨコ豆だけのシンプルサラダ。
 BERIOのオリーブオイルはお手頃価格なのに、
 香りが豊かでお気に入りです♪
 
 材料(3人分)
  にんじん        1本
  キャベツ        3枚
  ヒヨコ豆(炊いたもの) 100g
 
  バルサミコ酢      大さじ1
  はちみつ        小さじ2
  塩麹          大さじ1
  ミント(トルコ産)   ひとふり
  オリーブオイル     小さじ1
 作り方
 1、にんじん、キャベツを千切りにして、
   塩(分量外)をひとつまみまぶしてもみ込み10分置く。
 2、バルサミコ酢、はちみつ、塩麹、ミント、オリーブオイルを合わせて混ぜる。
 3、1の水を切り、食べる直前に2をあえて出来上がり。
・フキ味噌の豆腐キッシュ
 フィリングのメイン食材はお豆腐。
 自家製フキ味噌を入れてちょっと和風なキッシュです。
・キャベツのサラダ
 材料は千切りキャベツのみ。
 ドレッシングはヨーグルトベースに
 にんにく、生姜入り。
そしてデザートはこちら
PICT3478.jpg
おからのマーブルケーキ。
茶色い生地はココア、白い生地にはココナッツパウダーが入っています。
添えてあるのは
水切りヨーグルトと
頂き物のいちごミルクジャム。
この友達は
中学時代の友達なので、
かれこれ17年来の付き合い。
家庭環境や今の生活は
3人とも全く違いますが、
気取る事なく落ち着ける友達です。
帰国した友達は
中高時代に英語が不得意だったのですが、
今はたくましく海外生活を楽しんでいます。
彼女を見ていると、
私も自分のやりたい事に正直にいきていこうと
思うのでした。
その帰国した友達に
「uitatanは何からお料理のヒントを得てるの?」
と聞かれました。
自分でも改めて問われると
悩む質問。
そして
「八百屋さんかなぁ」
と答えました。
全てがそうではないけれど、
八百屋さんで見つけた旬のお野菜から考える事が多いように思います。
友達と外食するのも楽しいけど、
自分で作ったお料理を振る舞う方がもっと楽しいなと
しみじみ感じました。
帰国中の彼女は
また1年後に帰国するとのこと。
それまでに私も自分の腕をみがいておかなくちゃ!
J-オイルミルズ ファンコミュニティファンサイト参加中

スポンサーリンク
スポンサーリンク