【どうせ生きるなら】


写真は実験中のお菓子のタネ。
9月から続けているのですが、どうにもこうにもうまくいかん!
おそらく2023年への持ち越し案件ですな。




先日ブログで書いた
「どうせやるなら」
という考え方で生きてますというお話。
かなり反響があったので、その先の話を書こうと思います。




仕事に関して「どうせやるなら」精神でやってきたのですが、最近は仕事以外にも使えるなと思っています。




どうせなら渉と笑って暮らそう、
どうせなら友人に笑顔になってもらえるようなネタを仕込もう、
どうせならSNS を見てくれてる方たちが笑顔になってもらえるような投稿にしよう、と。




つまるところ
「どうせ生きるなら、笑って暮らそう」
に行きつきます。




ニュースを見ると心が騒つくことも多いし、
世の中は不平等なものだし、
1番近い家族につい不満を言いたくなることもあるけど、
そこで感情のまま反応するか、否か。
お互いの足りないところに不満を言って暮らすより、
相手の得意な事を認めて、自分の足りないところを埋めてくれていることに感謝して暮らしたほうが絶対にいいよなぁと。





不可抗力はあれど、無意識であれど、世の中には悪意のある人(人を利用しようとか、媚びていい目にあおうとか、人の褌で相撲を取ろうとするとか)も世の中にはいるから、そこから距離を取ることは必要だけど、
特に配偶者は何かしら縁があって、気があって結婚したんだから、
その人を否定したり文句言ってたら、
その人を選んだ自分を否定することになるわけで、
ほんといい事ないよなぁと思う今日この頃。




そんなことを意識し始めたら、
肩の荷がスッと降りたような感覚になりました。
自分にも相手にも期待しないことができるようになってきたのかも!




年を重ねるにつれて、自分のポンコツさを自覚するようになり、
周りに居てくれる人たちへの感謝の気持ちが強くなっていっています。
年々、生きやすくなっていっている気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク