【ロゴシールは顔である】

今週金曜日から始まるホワイトデーマルシェ。
私はホワイトデーに馴染みがないけれど、小さな贈り物の機会としてちょうどいいイベントなのかなと思っています。
お中元やお歳暮とは縁遠い生活ですが、
年度末で転勤や異動、卒業やお引越しなどがあるから、誰かにギフトを渡すタイミングだなと。

写真はそのホワイトデーマルシェにもご用意するアン・ガトー。
中の包装にはロゴマーク入りのシールを貼っています。

このロゴシール、昨年から考えていたのですが色をどうするかで立ち止まっていました。
「ディスプレーした時に照明でキラッとするように金色にしたい。でもよく見かける金シールって安っぽいしなぁ。」
というのがネックでした。
そしてある日、ツール担当の相棒がいいものを見つけてきた!
金だけで13種類もの紙を取り扱う印刷会社さんを発見。
そしてTSUCURITEロゴシールは赤みの強い金シールでオーダーしました。
黄みの強い金より、お菓子に馴染んで、程よく主張して上品だと自画自賛しています。

同じ” 金 “でも、少しの色の違いで印象はぐっと変わります。
こだわると費用も上がるけれど、ロゴシールはTSUCURITEの顔だから、良い投資である!

お菓子屋は資材コストが高い。
ネットや本で見たそんな言葉を実感している今日この頃です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク