生姜と黒糖の豆菓子

PICT1345.jpg
先日、結婚式の2次会の手みやげとしていただいた
まめ屋の豆菓子。
そこで思い立って、
自己流で豆菓子を作ってみました。
このお菓子、
・お豆をいかにカリッと乾燥させるか
・絡めるシロップをどの程度煮詰めるか
が運命の分かれ道。
今回は大豆でしたが、
ヒヨコ豆、青大豆、花豆などお豆の種類を変えたり、
絡めるシロップを変えて
かなり楽しめそう。
ここからは
冒頭で書いた結婚式について。
私が22~25歳まで勤めていた会社で、
とってもお世話になった先輩の結婚式の2次会でした。
その先輩は今も相棒がお世話になっている直属の上司。
お世辞抜きで
奥さんはとてもきれいで、
ドレスも髪型も雰囲気にマッチしていて、
それでいてフランクで可愛らしい方。
本当はカメラ目線でしっかり写っているお写真を載せたい。。。
今回履いていたヒールは自分でフェルトを貼付けて飾ったものだそう。
これまたかわいくて
じっくり見せていただきました。
2次会には会社の同僚たちもたくさん来ていたのですが、
お二人がお友達や同僚に愛されているんだなぁ
とつくづく感じました。
お二人の挨拶の中で
「入籍して3年経ってからの式はどうなのかとも思いましたが、
 やってよかったです」
と仰っていたのが印象的でした。
参加した人達もそんなお二人を見て幸せな気持ちになったのは間違いないはず。
先輩は3つくらいしか歳上でないのに、
とってもしっかりしていて、人を思いやる心を持っていて、ユーモアたっぷり。
この日は顔をケーキまみれにしながらロックなポーズを決めていました。
相棒は本当にいい上司に恵まれたな。
昨年は先輩夫婦と一緒に自転車大会へ参加したのですが、
ぜひまた一緒に大会に行きたいな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク