【広島の旅その1 世界は狭い 】

今日からは先日行われたパンタステーション@広島駅ビルASSEとパンタスティック@広島PARCOについて。
(パンタスティック@広島PARCOは12日までやっています!)

いつも参加させていただいている催事ですが、
今回は自ら行かせて欲しいと志願して広島へ行ってきました。

まずは朝の飛行機で広島空港へ。
最近はLCC以外の航空会社を使っていたせいか(航空券の手配はクライアントにしてもらっていたため)、久しぶりのLCCがものすごく狭く感じました。
これぞ贅沢病。

そんなことを感じながら広島駅へと移動し、まずはASSEに到着。

改札口近くの入り口にも催事の告知が置かれています。
そして会場の入口に到着。

それから自分のブースを拝見。

いつものことながら、綺麗に並べてくださっています。
ありがたい。
今回はアン・ガトー、月餅、チョコサンドビスの3種を店頭に並べて頂きました。
そしてスタッフさんにごあいさつをしてから、PARCO前を通り過ぎてまずは宿へ荷物を置きに出発。

PARCOも入口に告知が置いてありました。
はー、いよいよ来たな。

そして無事に荷物を置き、街を歩き始めました。
フリータイムはこの日しかなかったので、目標に向かってひたすら歩くの巻。
路面電車もいいけれど、できれば歩いて、その土地の町並みを見たり、風を感じたい性分です。

原爆ドームをかすめて、向かった先がこちら。

you-ichi氏のお店。
昨年東京で行われたイベントで一緒になった彼が路面店をオープンしたと知り、行ってきました。
ちょうど本人もいらっしゃってお話ができてラッキー。
私とは全然違う視点で物を見ている彼の話はとても勉強になります。
ほんとすごいねぇ、を連発した私。
正直な感想です。

それからASSEへ戻り、翌日のPOP-UP出店の準備をして、お次はPARCOへ。

開催前日のため、中では絶賛陳列中。
このイベントの主催者Jinさんにもごあいさつをして、
少し陳列準備をさせてもらって、終わったのが19時すぎ。
Jinさん「今夜はこれから徘徊ですか?」
私「いやー、疲れきったから宿に戻って鋭意を養う。」
と私は答えたのでした。

製造の嵐の後、微熱&偏頭痛なのに、広島で8km歩いたら、そりゃ疲労困憊だよね。

がしかし、晩御飯は食べないといかん。
ただでさえこの日はyou-ichi氏のお店のボトルケーキしか食べていなかったし、
明日からは体力勝負なのだから。

そしてたどり着いたのがこちら。

中高の同級生が教えてくれた牡蠣のお店。
正直言うと、私は牡蠣があまり得意ではないのですが、広島へ来る数日前に打ち合わせであった時
「あそこの牡蠣を食べたら、他で食べられなくなるから!」
と力説されたので、ならばと伺ってみました。

そしたらば、美味しいではないか!!!
コリコリしてて、さっぱりしてるけど旨みがあって、白ワインとの相性が抜群。
生牡蠣が美味しいって、初めて知ったよ。
35歳秋の衝撃。
中でも私はバージンオイスターという小さな牡蠣が気に入りました。
美味しいを連呼して、軽く酔って、その日は終了。

体調不良ながらも、充実した1日目。
私が好きじゃないと思っていたのは、鮮度の低い牡蠣で、
牡蠣自体は好きだわさ。

ちなみに翌日会場入りした私にjinさんが
「昨日トルヴェール行ったんだね。あそこはまずはダースで頼むんだよ。」
と。
写真だけでトルヴェールだとわかり、
あの濃厚なものを12個ペロリと食べられるだなんておそろしやー!
そこは偶然にも彼もよく行くお店で、そこでイベントを開催したりもしているそうな。

東京にいる中高時代の友人と、パンタスティックJinさんが繋がって、
「やっぱり世界は狭いね。」
としみじみ感じたのでした。

あー美味しかった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク