【乳製品】

PICT4056.jpg
この日は丑三つ時からお菓子を焼き、
お昼前には千葉へ。
半分はお仕事、半分はお勉強で
大手乳製品メーカーのチーズ工場見学です。
通常の見学では入れない製造室にも入らせてもらい、
企業のレシピ作り担当の方ともお話でき、
とっても勉強になりました。
私が作るお菓子達は
乳製品・卵不使用がほとんど。
チョコレートを使用したり、
カフェへ納品しているお菓子は
「ベジやマクロビに興味がない人」
も食べやすいように、取っ付きやすいように
バターを少量使用したりもするけどね。
でも
「バターにしか出せない香ばしさ」
はあると思う。
私はバターが入ったお菓子を食べるとすぐわかるし、
その美味しさもわかる。
「毎日食べられて、栄養満点で、体に優しくて、素朴なおやつ」
ってコンセプトからは少し外れるけど、
少量なら使用するレシピがあってもいいんじゃないかな
なんて思っています。
もちろんアレルギー表示はしっかりしなきゃいけないけどね。
「これだ!」
と決めたら、その枠にハマりがちな私ですが、
そんな事を思った1日でした。
写真はリトアニアのお菓子。
バターとシナモンがたっぷりで、
コーンフレークみたいな食感。
バルト三国、
妙に憧れる響きです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク