【母の味】

PICT5292.jpg
最近、私が実家へいくと、
なにかおかずを持たせてくれる母。
この日はキノコや人参のオリーブ煮を持たせてくれたので、
こんな晩ご飯。
・キノコや人参のオリーブ煮
 オリーブ缶の汁で煮込み、
 味付けは塩味ベース。
 家にあった卵、湯通しした大根を加えてできあがり。
 
・夏野菜の酢醤油和え
 トマト、きゅうり、おくら、浅漬けしたお茄子に
 酢醤油とゴマをかけただけ。
 暑い時には酸っぱいものが一層美味しく感じられます。
・アスパラガスのお味噌汁
 アスパラガスをお味噌汁にいれたらどうだろう、
 と挑戦しました。
 しかし、青臭さが際立って失敗!
 こんなにお味噌汁に合わないお野菜は初めて。
・ごはん
 ちょっと火加減が強かった様で、
 ほんのりお焦げができました。
9月に入ってから
仕事でてんてこ舞いの日々が少し落ち着き、
睡眠時間が確保できるようになりました。
と同時に、
疲れがどっと出てきている様子。
忙しい時には
「落ち着いたら、あれやりたいな。」
「あそこに行きたいな。」
なんて思っていたのに、
体が着いていかず。
ちょっとお休みしなさいって思し召しかしら。
ここからは蛇足。
カフェやコンクールで10代後半~20代前半の子達と話をして思った事。
私はこの10年間で、
たくさんの人に助けられたなぁと。
その助けてくれた人達に対して恩返ししたいのはもちろんですが、
私がすべきは恩返しより、
同じように年下の子達をサポートする事なのかなと思いました。
私はキャピキャピできない性格なので、
友達は年上ばかり。
でも「つくりて」が始動してから、
若い子達と接する機会も増えて、
そんな事を感じています。
数年前までの私はとにかく自信がなくて、
いつも
「これでいいんだろうか」
と迷い続けていました。
今でも自信を無くす時もありますが、
数年前に比べたら、
格段にタフになっているはず。
具体的に何ができるのかはわからないけど、
若い子達の自信につながるよう、
「作ってくれたごはん、美味しかったよ」
「○○ちゃんの描く絵はとてもかわいらしいね」
「○○ちゃん、頑張りすぎない様にね。」
という一言だけでも、
少しは貢献できるかなと思っています。
大人になりきれていないのに、
すっかりオバちゃんの私です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク