アルカディア インターナショナル

2011-07-09 13.09.15
6時前、イスタンブールの旧市街にある
アルカディア インターナショナルというホテルへ到着。
とりあえずお風呂へ入って、朝食へ。
朝食は最上階で戴きます。
すると窓からスルタンアフメッドが!
この旧市街の歴史地区は世界文化遺産に登録されており、
スルタンアフメッドはその歴史的建造物群のひとつです。
オスマン帝国時代に建造され、別名ブルーモスク。
イスラム教信者はこのようなモスクで1日5回お祈りをします。
その時間は太陽の動きで決まってくるので、
季節によって時間が変わります。
そして早速朝食をいただきました。
PICT0035.jpg
トルコの食事はパンがつきもの。
Ekmek(エキメッキ)といい、いろんな種類があります。
この写真の中央のEkmekはフランスパンに似ているけど、少しソフトな感じ。
ヨーロッパの影響をうけているのかな。
好きなだけ切って食べます。
PICT0036.jpg
この他に
・ゆで卵
・チョリソーのトマト煮
  これは定番らしく、他のお店でも見かけました。
  チョリソーの皮は柔らかく、トマト味は薄めです。
・チーズ各種
・ヨーグルト
  トルコは乳製品が豊富。
  見た目には同じチーズでも、ミルクっぽかったり、ヤギっぽかったり。
  ちなみにヨーグルトはトルコ発祥です。
  毎朝ヨーグルトを食べている私は幸せいっぱいです。
・オリーブ
  オリーブもトルコでは欠かせない食材みたいです。
  スーパーでもたくさん売っていました。
・トマトやキュウリ等のサラダ
  トマトは日本とさして変わらない気がしましたが、
  キュウリは日本より水気が少ない感じでした。
・りんご、すいか、プラムなどのフルーツ
  プラムが甘酸っぱくてとても美味しかったです。
  日本のより実がつまっている感じ。
・ジャム各種
  いちご、あんず等。
  ボールにたっぷり入れて置いてあるけど、食べきるのかな。。。
そしてこれ
PICT0034.jpg
はちみつです。
巣の部分も入ってます。
しつこくなくて、食べやすかった。 
このホテルに泊まっている方は
英語圏の年配の方が多かった様子。
でもあえて日の当たる席に座って、厚切りにしたパンを4枚も朝から食べるところを見て、
やっぱり日本人とは体の作りも感覚も違うんだなぁとしみじみ思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク