【お弁当と美術館】

PICT3704.jpg
この日はお弁当を持参して、
母が貰ったチケットで美術館巡り。
1つ目はKATAGAMI STYLE。
PICT3705.jpg
日本の型紙と、それに影響を受けた世界中の作品が紹介されていました。
型紙とはの着物生地に柄を染める過程で用いられる道具。
柿渋で加工した紙に彫刻刀で模様を掘り、何層にも重ねてある。
模様に合わせて彫刻刀を作ることもあるそうで、
工程はVTRを見るだけでため息がでてしまうほど細かくて大変そう。
日本人の忍耐強さを感じたのでした。
そしてお昼はお弁当を持参。
母が炊き込み御飯、
私がおかずを担当しました。
おかずは
・えのき茸と紫蘇の味噌卵焼き
・かぶとパプリカの生姜酢ピクルス
・自家製小梅
・山蕗のきゃらぶき
・自家製ザーサイ漬け
ザーサイはまだ完成ではないものの、
シャキッとしていて、
これはこれでありかな。
2つ目は
アンリ・ル・シダネル展。
PICT3706.jpg
印象的だったのはこの企画展ではなく、
最後の方に飾られていた
所蔵品の作品。
グランマ・モーゼスが作った刺繍でできた絵。
素朴でとても可愛らしいものばかりでした。
60歳から制作活動に目覚めたという彼女。
いくつになってもチャレンジ精神を忘れなかった彼女に
触発されて帰ってきたのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク