お互いを知る

PICT2838_20120127144528.jpg
山梨旅行2日目の早朝。
ホテルの窓から見えた朝焼けの富士山です。
やはり富士山ってとても綺麗だなぁと
しばらくぼんやりと眺めていました。
この日は車で街を少し周り、
その後はホテルでのんびり。
運動不足&食べ過ぎの私。
お腹を空かせないと晩ご飯が楽しめないなと、
ホテルのある笛吹川フルーツパークを散策しました。
今はオフシーズンで人気はまばらです。
そこで見つけたアスレチックに挑んでみました。
PICT2827_20120127144528.jpg
29歳にもなってアスレチックって、という声が聞こえてきそうですが、
これがなかなかおもしろい。
「昔は綱を持ってすいすい渡ったのになぁ」
と思いつつ、そこにあった遊具を順番に制覇しました。
それから相棒のお母さんのところへ行って、
お茶をのみながらのんびり。
お母さんとゆっくり話す機会が今までなかったので、
そんな時間が今回の楽しみの一つでした。
お母さんの子供の頃の話、
独身時代の話、
お嫁に行った時の話、
いろんなお話を聞く事が出来ました。
そして私の事もお話しました。
というのも、お母さんは私の事を
 東京育ち、一人っ子、小学校から私立の学校、国公立の大学卒業
というキーワードから、
お嬢さまのように思っているのに気づいていたから。
私たちの結婚当初から
「婚約指輪を買ってあげなさい」
とお母さんは相棒に何回も言っていました。
それは私が宝石やブランド志向のお嬢さまだと思っていたから。
私は
「そんなのいらないんです。
 そのお金で旅行に行った方が嬉しいんです。」
と言い続けていたのですが、
それが私の遠慮や我慢だと思っていたようです。
実際の私はお嬢さまでもなく、
素朴で地味な人間で、
「物より思い出」趣向で、
それを知ってほしいという気持ちがずっとありました。
でもゆっくり話せる機会がなく5年が経過してしまいました。
そしてやっと時間を気にせず、富士山を眺めながら2人でゆっくりと話し、
お互いの事を知ることができた気がします。
もちろん全部とはいきませんが、
結婚してから5年以上モヤモヤっとしていた気持ちが
スーッと晴れました。
翌朝、朝ごはんを食べながら話していると、
「●●(相棒)にはもったいないお嫁さんだよ。
 本当に2人は合ってるね。
 涙が出てきたよ。」
とお母さんが嬉しそうに言いました。
私は決して出来た嫁ではありません。
長男の嫁としての役割を果たせていないし、
親孝行もできず、
お母さんたちには心配をかけ通しです。
でもお母さんが喜んでくれているのを目の当たりにして、
とても嬉しく思いました。
大変な事や辛い事もあるけど、
相棒と結婚して、
優しくて暖かい相棒の家族に囲まれて、
本当によかった!
恩返しができる日がくるのか、
考え始めると頭がグルグルしてきますが、
これから時間をかけて、
本当の親子の様になれたらいいなと心から思います。
ちょっと旅の内容から話がそれてしまいましたが、
次の写真は2日目の夜の晩ご飯。
PICT2830_20120127144528.jpg
The会席といった晩ご飯です。
これでもかというくらい色んな食材が使われた献立。
目で見ても楽しく、
そして素材の味を活かしたお料理の数々に
大満足です。
今回の旅行では楽しく話をしながら、ついつい食べ過ぎました。。。
2日間で1kg増量。
でも
とにかく楽しかった!

日本料理 笛吹川懐石・会席料理 / 山梨市駅春日居町駅東山梨駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーリンク
スポンサーリンク