パティシエさん

PICT2785.jpg
とある寒い日、
パティシエのpanipopoさんの
「スペシャル美味しい!バレンタインスイーツ」
というイベントに参加してきました。
パリ・コルドンブルーを卒業されたプロのパティシエさんの実演が間近で見られます。
今回デモをしてくださったのは
・クロッカン・オ・ショコラ
・簡単Wチョコムース
・胡麻とチーズのサブレ
の3種。
中でも私が一番興味津々だったのが、
チョコムース。
1枚目の画像はチョコムースを絞る直前の様子。
フランス菓子の基礎を知らない私からしたら、
「へー、こうやってやるんだ」
という発見の連続。
そしてこちらは
飾り用のチョコレートを転写シートからはがしているところ。
PICT2789.jpg
こうやって文字を転写していたのかぁ。
そして出来上がったのがこちら。
PICT2792.jpg
下はラズベリーピュレの入った固めの層、
上は柔らかいチョコレートムース。
チョコレートって扱いがとても難しそうで、
うかつに手を出せないなと思っていました。
でも今回はしっかりメモをとったし、
気合いを入れてチャレンジしてみようと思います。
チョコレートは好きな人も多いしね。
そしてこちらが
クロッカン・オ・ショコラと胡麻とチーズのサブレ。
PICT2790_20120123185101.jpg
ちなみにサブレの方はマヨネーズが入っています。
酸味が気になるかなと思ったのですが、
そんな事はまったくなし。
焼くと飛んでしまうのかしら。
そしてこれはちょっとした余談。
PICT2786_20120123185101.jpg
サランラップを使ってアイスボックスクッキーの成形をした時、
「几帳面な人は真っすぐなものを当ててやると綺麗に出来ます。」
とpanipopoさん。
今まではパティシエさんと聞くと、
とても細かくて、なんでも完璧じゃないと気が済まない人を想像していましたが、
この一言でちょっとホッとしました。
丁寧にやるに越した事はないけど、
最初から「きっちり」と言われてしまうと私の様な素人には、
フランス菓子がちょっと取っ付きにくく感じてしまいます。
まずは楽しい事を知り、
それから追求していけばいいのよね。
プロのパティシエさんの実演は
ついつい食い入る様に見てしまいます。
モバックショウのお手伝いをした時も、
お昼休みはずーっと伊原さんの前に立っていた日もあったもんな。
今回は指定席だったのですが、
私は最前列のど真ん中というポジション。
見入っていたら、あっという間に1時間が過ぎていました。
またまた刺激を受けて、
明日から頑張ろうと思ったのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク