【ニューヨーク旅 その4 MAST BROTHERS CHOCOLATE 】

dsc05987

NYの旅2日目、Devociónのコーヒーを飲みながら向かったのは
MAST BROTHERS CHOCOLATE というチョコレート屋さん。

日本でもじわじわ増えているbean to bar(カカオ豆の状態から板チョコレートにするまでの工程を行う事を指す)の先駆けとなったお店です。

チョコレートの味によって違う柄で、触り心地のいい質感の包装。
1枚目の写真はバラ売りのもの、次の写真はセット売りのもの。

dsc05989

理屈抜きでかわいいわぁ。
万人に受け入れられそうなデザイン。

板チョコがメインのようですが、キューブ状のショコラやクッキーもあります。

img_3396

シンプルで無駄を省いたディスプレーが素敵です。
いざ食べてみると、カカオ豆の香りがしっかりと感じられて、お砂糖の甘さが馴染んでいて、美味しい。
言うなれば、チョコと同じく焙煎過程を経て作られるコーヒーの違いに近い。
香りの高さ、お豆の油脂の甘さがこの違いを生むんだろう。

ちなみに板チョコは1枚で7ドル。
チョコ好きでない人からしたら
「板チョコで700円?!」
思うだろうけど、
日本のbean to barの板チョコは1000円を超えるものが多い。
それだけコストがかかるということだろう。
チョコが好きな私としては、この包装と味で700円なら妥当な金額かな。

相棒にもお土産であげたら美味しいと言っていたし、
東京で気になりつつ、足を運んでいなかったbean to barのお店にも行きそうな予感です。


最後に友人が撮ってくれた私の姿。

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%af_4664

チョコに夢中になって下を向いているせいで、刈り上げが過ぎる絵面なり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク