【化学実験 続報】

DSC06004.jpg
先日のブログ記事
「アントシアニンは酸性材料と合わせると色味がなくなる(or 変わる)」
と仮に結論づけたのですが、
その続報です。
写真のクッキー、
基本材料や焼成条件は同じですが、
 上:水分はレモン汁(酸性)
 下:水分は水(ほぼ中性)
と変えて作ったもの。
なんと、レモンを入れた方は紫色が消えかかってる!
写真ではわかりづらいけど、
実物をオーブンから出した瞬間に差が歴然。
私は化学に精通しているわけではないから、
本当のところはわかりませんが、
「アントシアニンアントシアニンは酸性材料と合わせると
 色味がなくなる(or 変わる)」
という仮説は正しいのではないかしら、という結論。
ずーっと気になっていた事に一区切りがついて、
かなりスッキリしています。
材料を選ぶ時に
「酸性かアルカリ性か」
なんて常に考えている訳じゃないので、
失敗はこれからも幾度となくするだろうけどね。
でも自分で問題をみつけて、
それをいろんな角度から見て謎といていくのは
おもしろい作業でした。
次の課題が降ってくるのが、ちょっと楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク