【散る】

DSC05430.jpg
大雨で一気に散ってしまった桜。
桜の花びらでいっぱいの地面が妙に綺麗です。
この日は久しぶりに
「ついてないなぁ」
と思った1日でした。
まず雨が止んでからお買い物へ行こうと自転車に乗り、
500mくらい行ったところで、
「乗り心地がおかしい。」
と気付いてタイヤを見ると空気が抜けていました。
すぐに家へ戻っていれ直し、
「中の金具が緩んでたのかな」
と心を入れ替えて出発。
一つ目の目的地、
ホームセンターで金属部品について店員さんに相談すると、
なかなかプロっぽい意見をいただき、
「サービスカウンターに行ったら、
 取引業者がお客様のご希望の商品を製造しているか確認できます。」
と助言されて向かう私。
そこで対応してくれた店員さんは
私の話が右から左へ流れていく様で、
全然伝わらず、周りの店員さんが青ざめるの巻。
ちょっと気持ちが折れかけた状態で、
駐輪場にとめた自転車を出そうとしたら、
駐輪場の電子ロックを解除してもロックが外れない!
何回か試したものの反応せず、
管理会社さんへ電話しました。
状況を説明すると
「こちらから遠隔操作したので、もう一度試してください。」
と言われるも、ロックがかかったまま。
「自転車のホイールに何か挟まってませんか?」
「おっしゃった駐輪番号で間違いはありませんか?」
という質問の後、
「こちらからまたかけますので、しばしお待ちください。」
との回答。
この同じやり取りが5回くらい繰り返された後、
「スタッフが向かいますが、1時間30分から2時間かかるので、
 そのころにお待ち合わせということで。」
と。
最初に電話をかけてから30分が経過して、
「これから1時間30分?!」
と驚いていると、
すぐ近くにいた女性が
「もしかして、ロックが外れませんか?」
と。
同じ状況に陥っていたそうで、
「大雨で電気系統がやられちゃったのかもね。」
との事。
それから2人でそれぞれ電話対応をしつつ、
精算機で同じ作業を繰り返して、
そのうち精算機も反応が悪くなり、
トータルで50分経ってあきらめかけた時、
ロックが
「カシャン」
と外れる音がしました。
彼女も私もなぜかロックが解除され、
無事に駐車場脱出です。
「あなたがいてくれて、心強かったわ。」
と言ってくれた彼女に
「こちらこそ。それではお気をつけて。」
と言って別れました。
それから家までの道のりで、
「最後の『ついてない』とどめは、自転車で転ぶ事かも。」
とビクビクしながら、
無事に帰宅したのでした。
これだけついてない事があったのは、
きっといい事の前触れのはず。
あぁ、これからが楽しみだ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク