【そば茶と音楽に酔いしれる日、第一夜】

DSC06174.jpg
最近のハマリ物、そば茶。
この香ばしさが大好きで毎日飲んでいます。
一度ハマると長く愛用し続ける私なので、
しばらくお世話になりそうです。
そしてこの日は
1年ぶりに好きなアーティストのライブに行きました。
疲労困憊で足も痛くて、
テンションが上がらないまま会場へ。
でも、いざ始まったら、
2時間ノリノリで叫んでいました。
スーツ姿のおじさんも叫んでるくらいの盛り上がりだもの、
そりゃ私も体が動いちゃいます。
昨年は大満足で
「よし、私もオリジナルを目指して頑張るぞ」
と鼻息を荒くして帰宅したのですが、
今年のライブはその何倍も素晴らしかった!
伴奏なしでの生声の一曲、
無音でのフォーメーションダンスの一節で聞こえた靴が床と擦れる音、
心の奥底にある琴線に触れた感覚というか、
何か込み上げるものがありました。
そして印象的だったのが、
アンコールまでMCを挟まない構成。
「彼の彼女になれたらいいのに」
って人は、
素の部分を垣間みれるMCがないのは物足りないだろうな。
でも私は
彼のアーティストとしてのパフォーマンスとそれにかける心意気が好きだから、
むしろ素が見えるMCがない方が百倍楽しいというわけ。
ちなみに一度、
彼のトークイベントに偶然遭遇してしまった時には、
即座にその場を立ち去った程だからね。
帰り道に思ったのは
「私もストイックに、オリジナルを目指す」
という事。
私も彼の様に、
誰かの心を揺さぶる人なりたい。
帰り道で喉と足首が痛かったのは言うまでもないけど、
最高な夏です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク