【鬼子母神手創り市】

DSC05341.jpg
3月の鬼子母神手創り市のご報告です。
写真の三角錐は
ピスタチオといちじくのケーキ。
ピスタチオ、いちじく共に
トルコから担いできたもの。
空港からの帰り道はしんどかったけど、
今となっては
「もっと買い込んでくれば良かった」
と思うのでした。
手づくり市での最近の悩みの種は、
「いかに増産するか」
ありがたい事に最近は売り切れてしまう事が多く、
「さっき買っておけばよかったー」
と言われて、平謝りする事が多々あります。
ただ1人で作れる量はもう限界ギリギリまできています。
かといって誰かに手伝ってもらうのは性に合わない。
自分が楽しむために始めた事だからね。
そこで今回、
ケーキ類に関して一つ工夫をしてみました。
ケーキ類はスクエア型を使って焼いたものを切っているのですが、
底面積を減らして、高さを増やして見るの巻。
結果、立方体のケーキとなり
「スクエアでかわいー」
という声がちらほら。
私の思惑とは別に、
嬉しい副産物です。
この日は午前中の勢いがなく、
「こんなに作ったけど、ちゃんと買ってもらえるかなぁ。」
と一抹の不安を抱えていたものの、
お昼頃から急にお菓子たちが続々と旅立っていき、
午後3時に売り切れ閉店。
ピーク時には補充が間に合わず、
「すみません、ちょっとお待ちいただけますか?」
と言った程です。
こんな事態は初めてでした。
やっと暖かくなってきたし、
来場者数も多かったからだろうな。
とはいえ、
日陰で1日立っている出店者には
まだまだ寒い季節です。
マイボトルに入れたカフェオレがないと
冷えきっちゃうね。
ブログでコメントを下さった方、
最近よく来てくださる方、
久しぶりにお顔を拝見する方、
友人たち、
この日もたくさんお話ができて幸せな1日でした。
その中でも印象的だったのが、
ある女性の言葉。
「そこで小さな子が美味しそうにここのケーキを食べてたから、
 探してきちゃったのよ。
 子供は正直だからね。」
と。
その女性が指差す方を見てみると、
数分前にお菓子を買ってくれた親子の姿。
感極まった私は
「ありがとうございます!」
としか言えなかったのでした。
この日のブースは
私が「つくりて」として
初めて手づくり市に出店した時と同じブース。
あの時と違うのは
知り合いの出店者さんがいて、
よく来てくださるお客さんがいて、
なにより自分自身がさらに楽しめている事だと思います。
この日はお引越しの準備とお菓子製作で
かなり寝不足だった私。
友人と話している途中でフワーッと違う世界へ行きそうになったり、
私を見た他の出店者さんに
「大丈夫かー」
と心配されたり。
パッと見で疲れがにじみ出ているとは・・・
正直なところ、
「のんびり休みたい」
より
「試作をしたい」
「春のお帽子を作りたい」
という気持ちの方が強いけど、
頭の働きが悪くなってきているのは確かです。
3月いっぱいは仕事が詰まっていますが、
4月頭には2、3日お休みしようかなと。
よく寝て、
よく食べて、
運動して、
DVDでも見ちゃおうかしらと。
体調を整えるのも仕事のうちと自分に言い聞かせて、
新学期を迎えようと思います。
【リッケ】大好評付き!緊急継続決定!「にこにこマグボトル」のモニター6名大募集! ←参加中

スポンサーリンク
スポンサーリンク