実技審査

PICT3067.jpg
先日、
茨城県行方市のさつまいもお菓子コンテストの
1次書類審査が通ったとの連絡。
そして26日、実技食味審査へ行ってきました。
材料と慣れた道具を持って、
朝5:30に家を出発。
休日の早朝の電車にはスノボをかかえた人がちらほら。
日暮里からは常磐線で2時間30分。
PICT3061.jpg
私は箱席に座って、
持参したクッキーをモグモグ。プチ1人旅気分とはのんきなもんだ。
そして会場へ着き控え室で待機。
PICT3062_20120227150039.jpg
暇を持て余して思わずパシャリ。
お気に入りのGolaの室内履きに、
タイツは私の学生時代からの定番、カラータイツ。
写真では暗めですが、
結構明るい緑色。
友達には
「アスパラみたい。」
と言われたりもします。
開会式の後、10時から作業開始!
90通以上の応募から選ばれた10名という事で、
みなさん気合いが入っています。
下の写真の一番手前にあるのが私の作品、
「さつまいものコブラー」です。
PICT3066_20120227150038.jpg
紅こがねの焼き芋、味噌、みりん、生姜等のペーストの上に、
米粉と胡麻のスコーン生地を載せて焼くレシピ。
ペーストはしっとりほっくり、
スコーンはサクサクほろり。
見た目は地味だけど、
しみじみした味がお気に入りです。
開会式の前には市長さんや会場の料理学校校長が
「東京から来てくださったんだね」
と話しかけてくださったり、
他の参加者の方と話ができて嬉しかったなぁ。
審査2日前に
「緊張してきた」
とつぶやいていた私ですが、
いざ作業となると全く緊張せず。
看板を背負ってきてるわけでもないし、
私の地味お菓子で参加できただけで十分だし、
こんな機会はなかなかないし楽しまなきゃね。
バレない程度のボリュームで鼻歌まじり、
分量を間違えないかどうかだけは気を付けて、
いつも通りに作業です。
作業中もカメラマンや審査員など多くの大人が
ウロウロじろじろ。
ちなみにこの日、
お昼のNHK水戸ニュースで様子が流れたそう。
普段と違うガスオーブンは不安でしたが、
スタッフさんの手助けもあって問題なし!
制限時間は90分でしたが、80分で出来上がりました。
結果は
残念ながら優良賞。
料理学校の校長先生からは
「米粉、白味噌、練り胡麻などが入っていて、とても異国情緒あふれる作品ですね」
といった感じの講評をいただきました。
私らしさが伝わったなら大満足。
他の方の作品を見れたし、
作業がいつも以上に、ものすごく楽しかった!
やっぱり私、
お料理やお菓子作り好きなんだなぁ。
そして副賞がこちら。
PICT3069_20120227150038.jpg
賞状、ギフト券、トマト1ケース、額縁。
あと材料費までいただき、
さつまいも1ケースと野菜セットが
そのうち送られてくるらしい。
めいいっぱい楽しんだ上に
色々いただけてマーベラス。
この辺りはのどかな風景が広がっているし、
お野菜の生産も盛んだから、
今度は車で遊びに行きたいなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク