カウンター

PICT0282.jpg
人には理解されにくい憧れみたいなもの、
「1人でカウンターに座って牛丼を食べる」
という事。
寒い中自転車をこいで2つ隣の駅にある整体へ行ったものの、
あまりに混んでいたので診察券だけ出して外出。
そして仙川の街をブラブラしていると、
牛丼が安くなっているのを発見。
これは憧れを実践するチャンス。
仙川には
 松屋
 すき家
の2店があるのですが、
すき家は家の近くにあるので松屋を選択。
男性ばかりのカウンターに意気揚々と座り、
牛丼小盛をオーダーしました。
松屋はお味噌汁がつく事に驚き、いざ食べ始めました。
味が濃くて、お米が柔らかい。。。
でもそれ以上に大好きな人間観察を楽しみました。
大盛りを頼む人が多い事、
中年の方はサラダセットを頼む傾向がある事、
カバンをおろさずにかき込んで食べる人が多い事、
気づく事がたくさんありました。
そして向かいに座った20代前半の男性の顔が綺麗でとても小さく、
「絶対モテるだろうな。ジャケットがフェイクレザーなのが残念だな。」
等と思ったり。
スッピンで帽子を目深に被った私が言うのもおかしな話ですが。
そして疑問に思った事が一つ。
牛丼チェーンっていくつかあるけど、
正直なところ味の差ってあるんだろうか。
続けて食べないとわからないだろうけど、
ちょっと気になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク