【1分間のリフレッシュ】


写真はTBSラジオ「赤江珠緒のたまむすび」で採用されたらもらえるステッカー。
その中の一つのコーナーでもらえる、スペシャルバージョンです。

私はこの3年くらい毎日朝から晩まで、作業場でお菓子を作りながらTBSラジオを聴いています。
土曜日に国分寺店へ行く時以外は毎日こんな過ごし方なので、
「ラジオが友達」
という完全に寂しい仕上がりですが、本人は楽しんでいます。
なぜなら、投稿して参加してるから。

お昼間は生放送の番組で、その日の投稿テーマが発表されたら私はそこで作業の手を止め、
「1分で話をまとめて投稿する」
という独自ルールで参加しています。

最初に参加したのは冒頭にも挙げた「たまむすび」という番組。
投稿が採用されると曜日ごとのシールが送られてきて、それを全曜日集めると、お守りと交換ができます。
難易度そこそこな、いい目標!
そう思ったのが2020年の終わり頃でした。
曜日ごとに出演者や構成作家さんも違うので、
「そうか、この曜日はこういうテイストか」
「さっき話してたこの話題も取り入れよう」
など戦略を練って2021年夏頃にはコンプリートしてお守りをゲットしました。

そしてそこからは投稿がルーティーンとなり、その前の枠の番組にも投稿するようになり(これがまた全然違うテイストなので腕が試される)
2022年1月は合計11回採用されるという記録を叩き出したぜ!

で、それが何の役に立つかって?
そんなんどーでもいいというか、そんな事一切考えていません。
なんでそんなに真剣になれるかって?
自分なりの予想を立てて、戦略を立てて、何か手応えを感じられたら嬉しいというだけ。
元々、漫才が好きだったり、会話の中でその場にあった面白い話を引き出せる人への憧れはあります。
会話で人を楽しませられるって素晴らしいよね。
「コミュニケーション力」は私の中の「人間力」のうちの一つの力。
というわけで、
「その場にぴったりな話を引き出せるようになりたい」
という目的がないわけではありませんが、これは後付けですな。
単に「楽しいことに参加したい」だけです。
余暇です、余暇。

結果的にたった1分でかなりリフレッシュできて、充実度満点。

いつかTBSラジオに呼ばれたりしないかなぁ、

いつでも行けるように会話力を養っておこうかね。

「リフレッシュしに旅行に行きたいのに行けないよ」

って方、人間1分でもリフレッシュできますぜ。

皆さんがそれぞれに合う方法を見つけられますように!

スポンサーリンク
スポンサーリンク