【健康のありがたさを痛感する】

dsc07561

今日は年末年始に食べたものの一部をずらっと並べてみようと思います。

1枚目の写真は漢方スープ。
台湾でなっちゃんがお土産にくれた漢方スープセットを煮出して、鶏肉を煮て出来上がり。
お鍋を開けた瞬間に日本にはない独特の香りがして、
「そうそう、これこれー!」
と幸せな気分になりました。

日本人はこの香りが苦手な人も多いので、一緒に食べる祖父の反応が気になりましたが、
おかわりしていたので、気に入ったらしい。
辛いもの以外、なんでも抵抗なく美味しいと食べる祖父はあっぱれなり!

そしてこちらはCommon Lifeのオーナーdeco.さんを含む「由の会 new ver.」の忘年会。

img_4633

あん肝と牡蠣。
人生初のあん肝はクセもなく、お酒のアテに美味でした。
このメンバー、私が最年少なのですが気を使わず話せるお友達。
しかもこのうちの一人は相棒の仕事繋がりで知り合った方で、今は夫婦共々お世話になっている方です。
ちょっと先を行く、芯の通った、自分とは違う世界の人とのお話は得るものも多く、ありがたい機会だなとしみじみ。

そしてお次はトルコ料理。

img_4644

鬼子母神手創り市の食品出展者で恒例の忘年会。
いつもはchaRicaさん、さん、シャララ舎さん、ANTOLPOさん、私の5人なのですが、
この日は都合により4人。
話の内容は仕事からプライベートまで様々で、その年齢層の女性らしい話題も出ます。
しかし同じイベントに出ている自営業の女性は個性も強く、
いろんな考え方が入り乱れて面白いのです。
2017年はそれぞれ新しい展開があるので、また年末に会うのが楽しみだ!

そしてお次は友人の手料理。

img_4649

大学時代の友人の新居にお邪魔したら、想像をはるかに上回る手料理の数々が出てきてびっくり!
お料理のイメージがない男性がバーミキュラまで手に入れて、
「このポトフはコンソメ入れてないんだけど、お野菜の味がおいしいでしょ?」
だなんて、一同驚くほかありません。

img_4651

もちろんこちらも自家製のキッシュ。
18歳の頃、彼が休日にキッシュを作って友人をもてなす34歳男性になると誰が想像しただろう。
彼がステラおばさんみたいに見えてきたのでした。
次回はクッキーをよろしくね!

この他にも年末年始で写真を撮り忘れたお食事がたくさんあります。
家族、友達、楽しい時間をありがとう。

私は” 食 “を通してみんなが笑顔になれる場所が好きだ。
一人で食べるより、みんなで食べたほうが美味しさはUPする。
そんなことを再確認して、健康であることのありがたさをかみしめるのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク