【2015年食のトレンド】

language:
スポンサーリンク

IMG_0872.jpg
3月頭、アジア最大の食関連の展示会
FOODEXに行きました。
広い会場に世界から集まった来場者と出展者。
まるでどこかの空港にいるみたい。
いわゆるバイヤーが来場するので、
出展者側も今年の自信作を持ってきて、
やる気十分です。
流行に疎い私にとっては、トレンドを掴む場所。
それに乗るつもりもないけど、
初めての食材を口にできる機会は
活かさないとね。
昨年は
アサイーやパンケーキ、ポップコーンやローフード
が目立っていたけど、
今年は
ココナッツオイル、スーパーフード、ハワイフード、柑橘類の加工品、
しいたけ(出汁など)、燻製、グラノーラ、豆製品、珈琲
が多かった印象です。
柑橘類の加工品としいたけは
「和食」
が無形文化遺産になり、
外国人バイヤーをターゲットにして出展していたのかしら。
各ブースの人の集まり方は
その差が顕著に出ます。
ブースデザインにも左右されるけど、
日本人バイヤーの一番人気は
ハワイフードのブースでした。
商品は
ココナッツ加工品、ナッツ、ドライフルーツ、グラノーラ、
コーヒー、チョコ、フレーバーシロップなどなど。
メディアがこぞって取り上げているハイブリッドスイーツより、
世間はハワイフードにぞっこんらしい。
私はハワイフードにそこまで興味がないけど、
ナッツやドライフルーツは大好物だし、
豆製品やコーヒーへの注目が高まるのは大歓迎。
ちょっとだけ、
世間と自分の趣味趣向が近づいてきた気がして、
嬉しいかぎり。
そしてフーデックスでの私のもう一つの野望、
「台湾の方に話しかける」
も達成して、満足満足!
写真は
6月に台北で行われる食品展示会のPRの手提げ。
これを手に、
中国語の勉強を頑張ろうと心に決めたのでした。

スポンサーリンク