【コマ】

DSC00937.jpg
バレンタイン翌日、
午前中に作業してから、いざ横浜へ。
この場所は学生の頃から好きな場所です。
久しぶりに来た大さんばしは
観光客と、カップルがキラキラしていました。
しかーし、
私の目的はホールで開催されていた
世界コマ大戦。
DSC00938.jpg
マラソンメンバーがかかわっていて、
FBで盛り上がっている様子を見て、
一度体験してみたかったのね。
簡単に言うと、
自作のコマを同時に回して、
場外に出たり、止まってしまったら負けというルール。
製造業や高専の方達が出場していて、
この日は各地の予選を勝ち上がった精鋭達の決勝大会。
ベトナム、韓国、インドネシア、ボリビアなど海外勢もいるのである。
何の知識もない私ですが、
気づいたらエキサイトしていました。
「コマ」
とと一言で言っても、
各自いろんな創意工夫が施されています。
コマの重心を低くした重い正統派、
回転時の遠心力でバネが広がって相手をぶっ飛ばす派、
外装にイボイボをつけて衝突時に弾く派などなど。
私が作るとしたら、
正統派じゃなくて、飛び道具的な事を考えるだろな。
回す人の精神力と集中力が勝敗を左右するという、
人間ドラマも見られます。
いやぁ、コマは奥深い!
やはり私がここでも気になったのが、
海外勢。
30代息子とお父さんで参加した韓国代表は負けた後の挨拶で
「お父さんといい思い出ができました」
と。
家族を大事にする韓国の習慣を目の当たりにしました。
ボリビアから来た16歳の少年は
「日本に連れてきて下さり、ありがとうございます。」
と感謝の気持ちを述べていました。
今回の横浜開催にあたり、
基金を作って彼らの来日が実現できたそう。
帰り道、ふと
「ボリビアの少年は日本にどんな印象を持っただろう。」
と気になってしまいました。
南米最貧国のボリビア。
よほどのことがない限り、
彼はもう日本に来る事はないだろう。
いい思い出が出来たならよかったよかった。
「日本に来ている外国人には親切にしよう」
と改めて思ったのでした。
あ、日本人にももちろんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク