【ドライイチジクの作り方】

最初にお知らせ。
明日で9月の通販ご注文受付を終了します。
「申し込み忘れてた!」
という方は今日中にご連絡をお願い致します。

そして今日の本題。
常滑で、静岡県産のイチジクがお手頃価格で販売されていました。
毎朝食べるヨーグルトに入れるジャムを作ろうと2パック買って帰ってきたのですが、
「ドライいちじくを作ってみたい。」
との思いが脳裏をよぎり、手探りで作ってみたところ大成功。
そこで今日はドライいちじくの作り方をご紹介します。

ドライいちじくの作り方

<材料>
いちじく 好きなだけ

<作り方>
1、いちじくの皮をむく

トマトの湯むきのように、熱湯にさっと入れて冷水で冷やすとつるっと皮がむけます。

2、適当なサイズに切って並べる。

私はくし切りで6つに切りました。
それを網の上に乗せて、天日干しします。
いちじくは水分が多いので、バットよりも網の方が乾きやすくおすすめです。

3、丸3日、天日干しにする

途中で裏返したり、向きを変えたりして、水分を飛ばしていきます。
夜は家の中に取り込んだ方がベター。

4、出来上がり

作業はいたって簡単です。
ポイントを強いて言うならば、
” この先3日間、お天気が良い日を狙うこと ”
梅干しの土用干しと同じです。

市販のドライいちじくよりもねっとり感が少ないけれど、
しっかり甘くて美味しいドライいちじくができました。

こうして我が家の玄関前には、いろんな農産物が干されています。
次は何を干そうかしら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク