【やる気スイッチが入る時】

language:
スポンサーリンク

年に数回、お菓子の試作がしたくてたまらなくなることがあります。
そういう時は時間を忘れて試作に興じてしまうので、終わるころにはぐったり。
写真も撮りっぱなしになってしまうので、
今日はまとめてUPしようと思います。

1枚目の写真はチャイ豆花。
友人が作っていたレシピを拝借して、ジンジャー、カルダモン、シナモン、クミンをプラスしました。

日本の無調整豆乳は台湾より薄いものが多いので、
「お豆腐も作れます」
とかいてある濃い豆乳を使うのがポイントです。

お次はお砂糖なしのマフィン。

お砂糖を否定するわけでじゃないけど、お砂糖なしでも果物の甘さで美味しく食べられるお菓子を試作中です。
お砂糖の代わりに果汁、ドライフルーツ、果物そのものなどで代用。
でもそれだけでは少し足りないので、風味付けに蜂蜜やメープルシロップを使ったレシピが完成間近です。

そしてお次はチップス。

これまたお砂糖なしのチップス。
甘さはレーズンとお味噌と酒粕。
塩味を強めにして、さらにお味噌のお豆の甘さを利用しようという魂胆です。
お砂糖なしのクッキー生地は結合力が小さいので、焼きあがった後にハラハラと崩れ落ちたり、
まだまだ実験が必要なようです。

ということで、さらに実験。
配合を変えてみたり、

厚さを変えてみたり、

写真を撮っていないものもあり、完全に食べ飽きてしまいました。
うーん、お砂糖なしのクッキーは奥が深そうである。

そして最後はブラウニー。

こちらもお砂糖なしのレシピ。
右と左で配合を変えて作りました。

いつもこんな感じで宿題をたくさん抱え、またスイッチが入った時に試作を再開します。
無理やりやってもいい結果はついてこないから、
「やりたくなった時」がベストタイミング。

とはいえ、ぐったりするまで試作し続けてしまう自分をもう少し自制できるようになりたいな。

スポンサーリンク