【カナダその41 バンクーバーのアイス事情】

今日はカナダ旅の続き。
カナダで私が一番よく食べたものはと聞かれたら、間違いなくアイスクリーム。

私は乳製品不使用のお菓子屋をやっていますが、小さな頃からアイスクリームが大好物です。
行くまでは知りませんでしたが、カナダは街中にアイスクリーム屋さんがたくさんあります。
しかも面白いフレーバーがあって、アイスクリーム好きとしては見逃すことはできないのである!

今日はそんなバンクーバーのアイスクリームをご紹介します。

1コ目、ガリアーノ島で食べたアイスクリーム。

サイズはこのワンサイズのみ、ラズベリーアイスを頼んだら、ワッフルコーンに4スクープ分くらい入って出てきました。
カナダに来て初めて食べたアイスの大きさに衝撃を受けるの巻。
ちなみにコーンの下の方までぎっしりとアイスクリームが詰まっています。
日本だとコーンの下の方が空っぽで少し寂しい気持ちになりますが、
この大きなワッフルコーンにみっちり詰め込まれるとしんどい。。。
カナディアンサイズ、恐るべし!

2コ目、デイリークイーン。

私が小さな頃は日本にも店舗がありましたが、今は日本撤退済み。
そこでバンクーバーのデパートで見つけた時は
「なつかしー!」
とテンションが上がりました。
そこで思い出のチョコレートディップを食べてみました。(30年ぶりくらいかも。。。)
ミルクが濃厚だった思い出があるのですが、今食べてみたら妙に軽くてミルク感弱め。
レシピが変わったのか、国によって配合が違うのかは定かではありませんが、30年前に食べたものとは確実に違う!
ちょっと残念。。。
ちなみにバンクーバー市街には路面店も何軒かあるので、気になる方はお試しあれ。

3コ目、umaluma

乳製品不使用のアイスクリーム(ジェラート)屋さんです。
チャイニーズタウンから少し入ったところ、少しだけ治安が良くない場所に突如現れるオシャレ系なお店。
私が選んだのはピスタチオ。
食べてみると、乳製品不使用と言われなければ気づかないくらいクリーミー。
ココナッツオイルなどを使ってクリーミーさを出しているようですが、ココナッツの匂いもしませんでした。
乳アレルギーがある人にとっては嬉しいお店だと思いますが、お値段が高いのが難点ですな(1個1000円弱。フレーバーによってはもう少し安いものもあります。)

4コ目、Baggio Gelateria。

湾沿いにあるお店です。
私が選んだのはクランベリー&チョコレート。
盛り付けてくれた後、
「ホワイトチョコと抹茶チョコ、どっちをトッピングする?」
と言われたので、なんとなく抹茶を選びました。

私はここまでジョギングで行き、テイクアウトしてベンチに座り、写真を撮ってから食べようと思ったのですが、
かなり柔らかいので受け取った直後から溶け始めます。
ちょっと焦り気味でiphoneで写真を撮っていたら、通りがかりのマダムに
「あなた溶けるわよ、早く食べないと!」
と急かされるの巻。
笑いながらお礼を言って、写真を撮り、いざ実食。
甘さが強めでしたが、クランベリーの酸っぱさがアクセントになって美味。
もう少し固いとゆっくり食べられるけれど、このなめらかさを楽しむにはこの状態がベストなのかも。

5コ目、MISTER

オシャレエリアのイエールタウンにある新しいお店で、人気なのは写真のクリームブリュレアイス。
バニラがしっかり効いたクリームブリュレ味のアイスの上にお砂糖をふって、バーナーで炙って出来上がり。
なんてフォトジェニックなんでしょう!
味はというと、甘さとバニラ味が強めで濃厚。
ガツンと濃いアイスを食べたい時に丁度いいお店です。

6コ目、Purdy’s。

カナダで有名なチョコレート屋さんです。
デパートの地下にも入っていて、お土産としてもらったことがある人も多いはず。
ここのアイスは、軽めのミルクアイスの周りにミルクチョコ、そしてナッツがガーッとついています。
食べる時にナッツがボロボロ落ちてくるので、カップを添えてくれるという計らいあり。

カナダのアイスクリームは日本のものよりも柔らかい状態で提供されるので、食べきるまで焦る焦る。
特にこちらは一気に食べるとお腹いっぱいになるのでご注意あれ。

7コ目、 Rain or Shine Ice Cream

このお店は私が暮らしていた家の近くにあって、何回か通ったお店。
夜遅くまでやっていて、いつもお客さんで賑わっています。

この日はラズベリーコリアンダーのミニカップ。

ミニカップで、日本のMサイズくらい。
これがなんとも美味しいのですよ。
別の日には、ラベンダー&はちみつを食べましたが、これも香り豊かで後味さっぱりで美味。
地元産の素材を使っていて、甘さも控えめで、面白い組み合わせもあって、お気に入りのお店です。

8コ目、Earnest Ice Cream。

店内に入るとこんな感じ。

アイスのフレーバーがザーッと書いてあって、あとはサイズとカップかコーンかを選びます。

この日はヤギミルク&サワーチェリー。
無類のヤギミルク好きの私が期待しまくって食べたのに、
美味しいったらありゃしない!!!
しっかりヤギミルクの味がして、チェリーの甘酸っぱさがいい塩梅。

そして味をしめた私の9コ目がこちら。

Earnest Ice Creamのキッチンカー。
Kitsilanoのファーマーズマーケットで発見して、朝っぱらからアイスを頬張ってしまいました。

フレーバーはフレッシュバジル。
見た目はバニラアイスのようですが、一口食べると口いっぱいにバジルが広がります。
あー、これもまた美味。
このお店はアイスクリームを手渡す時に
「Enjoy!」
と言ってくれるのも、なんだかとても嬉しいんだよな。

そして10コ目、Freshii

キツラノエリアにいるヨギーニ女子が好きそうなサラダボウルが主力のチェーン店で見つけたフローズンヨーグルトです。
この写真だとサイズが分かりにくいですが、
直径15cmくらいの紙ボウルにずっしりと入っています。
夏の暑い時期にはぴったり。
でもさすがに多すぎる。。。

ざっと写真を撮ったアイスはこれくらい。
この他にも写真を撮っていないものもあります。
計算してみると、4 or 5日に1コペースで食べていたらしい。

一番のオススメはと聞かれたら、Earnest Ice Cream。
またバンクーバーに行く機会があったら絶対にまた行きたいお店です。

カナダへ行った最初の頃は大きすぎると思っていたアイスのサイズが、
帰る前には適量と感じるようになり、
帰国後に日本で食べたアイスがちょっと物足りないと感じるまでになりました。
環境への適応と見るか、麻痺と見るかはあなた次第です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク