【台湾のお菓子 方塊酥を作る】

写真は台湾の本屋さんで買った本。
台湾で一般的な焼菓子の作り方が載っています。

まんじゅう系も作りたいけど、一番気になったのが方塊酥。
嘉義市の名産で、スーパーでも売っているクッキー。
パイとクラッカーとクッキーの間の子みたいなサクサク食感で穀物の香りが高いお菓子です。
私はこれが大好物なので、ぜひとも作れるようになりたい!

まずはほんのレシピ通りに作ってみました。


うん、これこれ!
2種の生地をパイ生地の様に重ねて伸ばして行くから、あのサクサク食感になるのねと納得。
そして次はバターを植物性の素材でどう置き換えるかを試行錯誤。

ちなみに同量の液体オイルで置き換えてもうまくいきません。
なぜなら常温で固体か液体かが違うから。
パウンドケーキなど混ぜてすぐオーブンに入れられるものとは違い、
これは混ぜて、伸ばして、型抜きか切れ目を入れて…という工程があるので、方塊酥の特徴であるバターの作る様な空気層が消えてしまいます。

そこで常温でも固体の植物性油脂として、
・ココナッツオイル
・ピーナッツバター
の2種を試してみました。

しかしこれが上手くいかない!
ずっしり重くて、サクサク食感にならない。。。
そこで次は
・菜種油 +ココナッツオイル
・菜種油 +ピーナッツバター
でチャレンジ。
すると、光が見えてきた!!!

ピーナッツバターの方が香ばしく仕上がったので、
・菜種油 +ピーナッツバター
に絞り、試作を繰り返し、出来上がり!

これで台湾へ行かずとも大好きな方塊酥が食べられるぞー!
と言いつつも、
「次は高雄空港から台南、嘉義市と北上するルートにしよう。でも東側の原住民にも会いたいしなぁ。」
と考えていたりします。

また今年どこかで台湾に行ってこよーっと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク