ストローハット

language:
スポンサーリンク

PICT2343.jpg
決して郵便局を撮りたかったわけではない。
今回のお散歩の一番の目的地は、この郵便局の2階。
数年前、私がアルバイトとして働いていた喫茶店があった場所です。
ジャズのかかるストローハットという喫茶店。
当時20代後半の店長夫婦と一緒に3年間働かせてもらった。
近くの会社員がランチを食べにきてくれたり、
おじいさんが珈琲を飲みにきてくれたりするお店。
正直おしゃれとはほど遠いお店だったけど、私の大好きなお店。
「あの人はミルクを使うから、言われる前に持っていこう」
「あの人は灰皿がすぐいっぱいになっちゃうからもう一つもってかないと」
「あの人はカウンターのあの席が好きなんだな」
等とお客さんの事を覚えるのが楽しい日々。
お客さんも私の事を覚えてくれて、世間話にも花が咲いた。
「最近見なかったけど、学校忙しかったの?」
なんて話しかけてくれるお客さんも多かった。
常連さんとおつきあいをした事もあった。
「今度大阪のヨットハーバーに行くんだけど、良かったら一緒に行かない?」
と電話番号を渡してくるおじさんもいたけど、そういうのは適当に流すに限る。
当時の私は
朝大学へ行き、お昼前に帰ってきて喫茶店で働いて、その後また大学で授業を受け、夜は設計や研究にいそしむ、
という生活を送っていた。
寝る時間も4時間とかそんなもの。
家庭教師のバイトは1時間30分で5000円。
喫茶店のバイトは時給800円。
それでも家庭教師はそこそこにして、喫茶店バイトを続けていた。
喫茶店で働く事が、癒しの時間になっていた。
そして就職が決まり、最後のバイトを終えて帰った日、お店がボヤになった。
幸い大した被害はなかったものの、郵便局の上というせいもあって、お店は閉店した。
それから新しいお店は入っていない。
そんな場所をぼんやりと眺め、自問自答。
ちやほやされるお店より、地元民に愛されるお店が私には合っている。
そしてやっぱり私は人と接する事が好き。
自分が楽しんで接していれば、その気持ちは相手にも伝わるはず。
なんと言われようと、私はそう思う。
単純な私、元気満タンです。

スポンサーリンク