【野良歴の功】

写真はちーちゃんの避妊手術をした2日後、いつものように窓際で寝ていたメンズ。
のりすけはいつも足を伸ばしたスタイル、そしてリクオさんは

暑い夏以外は丸まったスタイルが多いのが特徴的です。
野良歴2〜3年のリクオさんには野良時代の警戒心がまだ残っているのではないかと予想しています。
寝ているときは襲われたら大変だものね。

一方、のりつんは生まれてからずっと家の中で暮らし、危険な目にもあっていないので、警戒心なし。
だから寝相が伸びきりスタイルなのかなと予想。

違う環境で育ってきた兄弟ですが、ちーちゃんが手術を終えて帰ってきた時は揃って怯えまくり、しばらく隠れてしまいました。
家族の誰かが辛そうな時にはいつも気遣うリクオさんですら、ベッドの下に隠れて出てこない始末。
なぜだろうと調べてみたら、どうやら病院でついた他の動物の匂いに反応していたようです。
ちーちゃんと認識できず、
「知らない奴がやってきたぞ!」
とビビっていたようです。
リクオさんは翌日に恐る恐るちーちゃんの匂いを嗅いで認識できましたが、
のりつんは3日たってもビビっていました。
ちーちゃんが近づいてくると、聞いたこともない高い声で鳴いて逃げていくのりつん。

辛そうなちーちゃんを避けるのりつんの姿は悲しかったけれど、
彼にとって家族以外の匂いを嗅ぐのはほぼ初めての経験だったと思えば仕方ありません。
そしてそのうち恐る恐るちーちゃんの匂いを嗅ぐようになり、徐々にいつもの親子に戻って行きました。

いつも同年代の子供みたいにじゃれ合っている兄弟ですが、
リクオさんのたくましさとお兄さんらしさが垣間見れた出来事でしたとさ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク