【やる時はやる男、リクオ】

language:
スポンサーリンク

今日は猫のお話。
写真の彼はリクオさん。
子猫が5匹いた時は親代わりになってお世話をしまくり、
今はのりすけとちーちゃんがどこかで鳴けば寝ていても起きて飛んでいき、
誰かがお腹が空いていたら代わりに私に訴え、
とにかく家族を気遣えるナイスガイ。
しかし自分の限界を超えて頑張ってしまうらしく、たまに吐いたり、ちょっぴり弱めな男子です。

上の写真は私が洋裁を使用と布を広げていた時の様子。
俯瞰するとこんな感じ。

布や紙などを広げると、猫はその上に座って落ち着く傾向がある様子。
明らかに落ち着かないと思うんだけど。
ちーちゃんも、のりすけも、洋裁用の布を置いておくと、なぜかその上で寝ていたりします。

そんなリクオさんの日課は家のパトロール。
室内はもちろん、窓から外を見て、異常がないか確認して回ります。

そして最近、我が家の周りを歩いている野良猫と遭遇する機会がありました。
その時の様子がこちら。

リクオさんはビビりです。
だからできるだけ身を潜めて、安全な位置から唸り続けます。
相手はどうやらオスのようですが、戦うつもりもない様子。
動画最後に出てくる大きな鳴き声は相棒が発したものなので悪しからず。

そしてこの翌日、意外な展開が待っていました。

夜、お勝手口の窓に向かってちーちゃんが唸っていました。
みると向こう側には野良猫の姿。
野良歴の長いちーちゃんは血の気が多いので、窓を閉めようと私が立ち上がったところ、
後ろからすごい勢いで走ってきたリクオさんが窓にアタックしました。
いつも温和でビビりなリクオさんがぶっ飛んでいく姿に驚き、慌てて窓を閉めるの巻。
その後
「もう大丈夫だよ、リクオさん。」
と言い続けるも、しばらく3匹は興奮状態にありました。

あのビビりなリクオさんがちーちゃんを守ろうと窓にアタックした上に、
のりすけまで背中を丸めて唸り怒りを表現していたことに感動。
ちなみにのりすけは怒り慣れていないので、全然怖さはないけれどね。

やる時はやる男、リクオさん。
鶏胸肉で労ったのは言うまでもありません。

スポンサーリンク