【都内で個展巡り】

DSC04198

この日は久しぶりのお出かけで都内へ繰り出しました。

目的の一つ目、Nineさんの展示。
鬼子母神手創り市で知り合った帽子と鞄の作家さんで、この日はご本人も在廊でした。

一見シンプルなんだけど、細部にこだわりを感じるデザインや質感が魅力的。
そしてなにより、私はこのお二人のお人柄に惚れています。
言葉では表現し辛いけど、のんびりした雰囲気とシャープな雰囲気を兼ね備えてるお二人です。

たくさんの帽子と鞄が並んでいます。

DSC04200

どの視点から写真を撮っても絵になる陳列の仕方に脱帽です。
ちなみに私が一番気に入ったのがこれ。

DSC04199

シワ加工がしてあるつばのお帽子。
そして私が好きな「おじさん」の刺繍のポーチがあるのですが、
そのモチーフとなった「おじさん」とバッタリ遭遇するという奇跡が起こるの巻。
私の「おじさん」愛が通じたのかしら。

そして2つ目は林真千子さんの個展。

DSC04214

中高時代の同級生で、アクセサリーを作っています。
上の写真がその魚の骨から型を取ったアクセサリーパーツ。
それがピアスやネックレスなどになったのがこちら。

DSC04213
お次は前回の展示の時に見た「籾がら」で型を取ったアクセサリー。

DSC04212

もっとUPで写真を撮ればよかった!!!
アクセサリーそのものはもちろん、何よりその発想が素敵。

DSC04216

上の写真の右下に写っている蜜蝋は型作りの時に使うそうな。

「へー!」
「はー!」
「面白い!」
を連呼しながら拝見しました。

私は彼女の自由な発想と、繊細な造りの作品が大好きなので、石を持参でピアスをオーダーしちゃったもんね。

手創り市で作家さんの手作りの作品を見ることはあれど、個展に行くのは久しぶり。
期待して行ったにもかかわらず、それ以上の充実感に満たされ、最近の私に足りないものを補えたみたい。

春の繁忙期もこういう時間を大切にしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク