モバックショウ

PICT0879.jpg
先週の水曜日から土曜日にかけて行われたモバックショウ。
製パン製菓のアジア最大イベントです。
私がお手伝いさせていただいたのは名護珈琲のブース。
昨年、自転車大会に出るために行った沖縄で、
コーヒー農園を見学させてもらった時、
「コーヒーの実で酵母を作って販売しようと思っているんだ。」
「私は以前ベーグル屋さんに勤めていて、今は家でパンを焼いてるんです。」
「じゃあ、モバックショウでお手伝いしてもらえる?」
という経緯。
コーヒーはもちろん、
今回は4月に発売するコーヒーチェリー酵母なるもののご紹介がメイン。
コーヒー豆の周りの果肉(コーヒーチェリー)を使った酵母で、
粉末状になっているのでイーストの様に粉に混ぜて使えるのがポイント。
前だねを起こす必要がありません。
パン仲間に声をかけて、アラサー女子4名でお手伝いです。
毎日1万人以上の来場者。
海外(特に中国系)の方も多く、つたない英語を使って必死。
そして実際にコーヒー農園で働いた事もなければ、
酵母の開発に携わったわけでもない私たち。
分からない事だらけで心配していましたが、
なんとか無事終える事ができました。
お昼休憩には他のブースを見て回り、
Zopfの伊原さんやLes Cinq Sensのマニュさんが作業する姿を食い入ってみていました。
そしてあこ天然酵母の前だねを初めて見たのですが、
アルコールっぽい香りがして、ホシノみたいな感じ。
出来上がったパンを試食させていただくと、
ホシノよりも癖がなく使いやすいかも。
とはいえ250gからしか買えないので、ちょっと気が引けます。
最終日にはセミナーも開かれ、
酵母ソムリエの黒野さんの貴重なお話を聞く事もできました。
某調理学校元学長の黒野さんは
とても気さくで優しい方。
この方と知り合えたのも名護珈琲の社長のおかげです。
というわけで
通勤が片道2時間、1日中たちっぱなしの4日間だったのですが、
勉強になる事がたくさんで
いろんな方とお話をする事ができて
私の作った帽子がお披露目できて、
とても楽しかったです。
写真は名護珈琲のお手伝い4人+スペイン大使館員。
会場内は撮影禁止なので、時間外にパシャリ。
私たちの前のスペイン大使館ブースで働いていた26歳の彼は
暇な時に話しかけてくれたり、ふんわりとした優しい方でした。
隣のブースの包装資材会社の方も気さくに話しかけてくれました。
ぼーっとそちらをみていると、口ぱくで
「ガムいる?」
と胸ポケットからガムをチラリ。
こんな感じで大人の文化祭みたいな部分も楽しかったです。
そしてしばらくはこのコーヒーチェリー酵母を使って試作が続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク