還暦

PICT3110.jpg
少し前のお話。
2月27日に母が還暦を迎えました。
お祝いに実家へ行って食べたのが
 ・肉じゃが
  久しぶりに牛肉を口にすると、
  お肉の味がガツンときます。
  普段は食べないお肉ですが、
  久しぶりに食べると美味しい!
 ・焼売
  皮は強力粉から手作り、
  中に入れる具は豚肉を刻んで作りました。
  今回はイーストを使ったレシピでの皮作りでしたが、
  個人的には無発酵の皮の方が好きかも。
 ・身欠きニシンとお野菜のお漬け物
  最近の父のハマりもの。
  お野菜にもニシンの香りがうつって、
  しみじみと美味しいお漬け物です。
 ・油揚げと昆布のおつゆ
  お魚でとった出汁で作ったおつゆ。
  これまた父作です。
  ひなびていて、でも繊細なこういうおつゆは
  やっぱり父がうまい!
 ・ちらし寿司
  ひなまつりが近かったのでちらし寿司。
  母の大好きな酢飯です。
  好きなだけあって母の作るちらし寿司は毎度おいしい。
そしてこちらがケーキ。
PICT3113.jpg
かぼちゃ、里芋、あんこを使ったケーキ。
中にはラムレーズンを入れて、
くるみと米粉のクランブルをたっぷりのせました。
親子で
「この前の方がおいしい」
だとか改善点を言いあいながら食べたのでした。
意見を言ってくれる両親に感謝感謝。
そして私から母へのプレゼントがこれ。
PICT3056
派手なパンツ3枚。
母は派手なパンツが好き。
でも身長150cm、やせ形の母は通常のMサイズだと大きすぎるので
下着探しはなかなか苦戦する様子。
というわけで、
ちょこちょこお店でよさそうなパンツを見つけては買いため、
この日にまとめてプレゼント。
「これでしばらく買わなくていいわ」
と喜んでくれました。
母が30歳の時に私が産まれたので、
当時としては若干遅めの子供。
子供の頃は母が還暦になるなんて
ずっと遠い話の様に思っていましたが、
あっという間だったな。
小さな頃は気づかなかったけど、
私も結婚して5年以上経ち、
母の偉大さや心の広さを実感しています。
そして何でも手作りしようとチャレンジする母の生き方は
今の私にとても大きな影響を与えています。
父も私も好き勝手やるタイプなので、
母には何かと苦労をかけてしまっているのですが、
この両親でよかったなぁ、
なんてしみじみ思うのでした。
この夏も一緒に長野にいこうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク