【オーバー】

写真はラッピング中のチャイバナナのケーキ。
バナナケーキにチャイスパイスをプラスした人気のお菓子。
バナナって油脂少なめでもしっとりを保てる&フワッと膨らむから、便利な食材です。



今日は8月のパンタスティック!!@調布が終わってからのお話。
パンタスティック!!は酷暑&初めての場所にもかかわらず、想像を上回る大盛況でした。
すごいね、パンタスティック!!の力。
たくさんの笑顔を見ることができて、とても嬉しかったです。
ありがとうございました!

そして最終日、私は完全にポンコツと化しました。
最終日前日に最後の納品を終えて泥のように眠り、体の疲れは取れたけど、無意識の緊張が解けたのか、頭がポケーっと。
とりあえず走ってリフレッシュしようと朝ランに出かけるも、帰ってきても頭には何かがぎゅーぎゅーに詰まったまま。
「催事はこのお菓子を○個送りたいから、今日から生地を仕込んで、明日焼いて」
「通販はこのお菓子を入れたいから、この材料を発注して」
「店頭のお菓子はこれを出したいから、この仕込みは明日から開始して」
そんな過去の思考がぐーるぐる頭の中を駆け巡っていました。
もう考える必要はないのにね。
ありがたいことに店頭販売用のお菓子のストックがかなり少なくなり、作り足さないといけないのに、どうにもこうにも頭が動かないから手も動かない。
騙し騙し作業したその翌週1週間。

落ち着いて考えてみると、一昨年くらいから常に
「次はデパート出店の準備」
「次は催事の仕込み」
「メディア露出でお店がパンクした」
「コロナで催事が全部キャンセルになったぞ、どうしよう」
など、大きな負荷がかかりっぱなしの日々でした。
もちろんそれはそれで嬉しい楽しい日々だったのですが、自分の限界ギリギリを綱渡りしているような緊張の糸がピンと張った状態だった、という事実もあります。

そして、催事においては参加し始めた6年前(7年前?)からの自分の目標をクリアして、ちょっと腑抜けになっているところもあります。
とにかく目の前のお客さんに喜んでもらえるようにと尽力した結果、達成できたことはとても嬉しいのですが、ちょっと空っぽになってしまいました。
TSUCURITEを始めて10年で、初めての感覚。
(まだ復活しきれていないので、諸々の連絡やお返事が遅れております、かたじけない!)

もちろんまだまだ足りないところばかりだし、
お客さんに喜んでもらえるように考えるべきことは山の様にたくさんあるし、
それは一生かけても終わらない課題だと思うのですが、
ちょっとここら辺で一旦、休憩しろってことなんだろうなと。
周りを見ていると男女共に40歳前後で心身の調子を崩す人も多いので、自分の気力体力を過信しないように気をつけて行きます。

9月はお店、通販、いちごマルシェ。
こんなにタスクが少ない月なんて、いつぶりだろう。
ここで少し英気を養おうと思っています。
そして10月からはまた催事オンパレードの予定です。
・・・秋の新作、出したいな。
・・・次の催事目標、立てて挑もうっと。

こんなこと言ってるから、仕事しかしない日々になってしまうのですが、自分が作ったものを通してお客さんと一緒に楽しむことが私の生きがいだから仕方ないね。

オーバー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク