【おでんのコツ】

DSC03067.jpg
おでん、それは
お野菜をたっぷり食べられるし、
作り置き出来る、
便利な冬メニューです。
今まではおでんの出汁の味や
具材への味の染み込みがうまくいかなかったのですが、
今年いいやり方が見つかりました。
どんこと昆布がベースの出汁に
お酒、塩、醤油をプラスするだけではコクが足りません。
そこで、ふと目に入った
すりおろし玉ねぎの汁をプラスしてみたら、
こりゃ美味しい!
一気に「おでんっぽい味」になりました。
すりおろしの繊維分はドレッシングに使うので
無駄なく食べられるのもポイントです。
そしてお野菜やこんにゃく類は
切って一度冷凍してから使い、
煮ては冷ます工程を3回やれば味がしみ込みます。
冷凍する事で
お野菜内の水分が凍り膨張して、細胞壁が壊れて、
空洞ができるので、
そこに出汁がしみ込みやすくなるというロジックです。
私の中では
「高野豆腐理論」
と名付けてみました。
おでんの作り方もわかったし、
着々と育っている我が家の大根がおでんになる日も近いな。
こりゃ楽しみだ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク